リップル(XRP)Fiatペアをサポートしているカナダの仮想通貨取引所がヨーロッパへ参入!

コインスクエアは、カナダの仮想通貨取引業者として知られていますが、ヨーロッパ市場に参入します。

仮想通貨市場は、すべての仮想通貨の総価値が75%減少し、2018年には最善のスタートを切っていません。

しかし、カナダの最も人気のある取引所の1つであるコインスクエアは、この景気後退の影響を受けておらず、新しい地域への拡大計画を進めています。

木曜日、コインスクエアはプレスリリースを発表し、2018年第4四半期までに欧州に進出する予定であることを明らかにしました。

ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム( ETH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)、ドージコイン(DOGE)、ダッシュ(Dash)の取引のサポートと、「カナダで取引プラットフォームが知られている安全とセキュリティ」をサポートしています 。

2014年に設立されたトロントに本拠を置くこの取引所は、過去に米国市場と欧州市場が目立っていたことを暗示していたことから、多くの人がこの動きを見ています。

コインスクエアのCEOであるコール・ダイヤモンド氏は、この挑戦​​のための興奮と彼の考え方に対するビジョンを表明しました。

CoinsquareのCEO、Cole Diamond氏は、次のように述べています。

「EUのような大規模な市場に参入することは、21世紀のグローバルな金融機関になるというCoinsquareのビジョンに近づく刺激的なステップ です。

既にカナダで最高の仮想通貨取引が行われているため、動作するすべての国で同じ高品質で安全なサービスを提供できるよう、国際的に拡大する方法には注意が必要です」

同社のヨーロッパ市場への進出は、多くの企業が野心的な動きを見せていた日本進出からわずか1ヵ月後に始まります。

リップルの仮想通貨であるXRPの規制の状況はまだ議論の対象となっていますが、それは証券だと指摘している人もいれば、仮想通貨と見なす人もいます。

規制上の懸念はさておき、同社はまだ生き残るために最大限努力してきました。

カナダの会社は最近、同社の為替相場を補完することを目指すフィンテック中心のファンドと投資管理サービスCoincapitalの立ち上げを発表しました。

さらに、スタートアップはトロント証券取引所(TSX)に上場予定であり、今後の拡張計画のために1億2,000万ドル以上の資金調達を計画しています。

しかし、コインスクエアの積極的な計画がプラスの利益を生み出すかどうかはまだわかりません。

いつも記事をSNSで共有及び拡散していただき、ありがとうございます!

こちらの記事もオススメです^_^

仮想通貨デビットカードのWirex、英国FCAから電子マネーライセンスを取得

2018.08.24

仮想通貨バブルはインターネットバブルと似ているとコインベースCEOが語る

2018.08.20