中国版LINEのWeChatが企業の払い戻しのためのブロックチェーン技術をテストしている

WeChatは企業の払い戻しのためのブロックチェーン技術をテストしています。





WeChatを運営するテンセント社は、企業の払い戻しを容易にするためにブロックチェーン技術を検討しています。

最近のブログ記事によると、最初の取引は、中国の深センレストランで完了しました。

「今日、深センのには、最初のブロックチェーン電子請求書が開設され、シンセンは全国のブロックチェーン電子請求書のパイロット都市となったことが発表されました。」

中国では、店舗は個人用と企業用の2種類の領収書を発行することができます。

ある従業員が一定の費用を負担したいときはいつでも、会社の領収書を要求し、会社の固有の識別番号を提供する必要があります。

その後、商人が手作業で記入した文書を検討し、それぞれの税務機関に提出する必要があります。

WeChatは、いくつかのブロックチェーン転送を通じ、すべての書類を排除することを目指しています。

オンライン決済をする際には、必要なデータを自社と税務局に自動的に送信します。




駐車場、自動車修理工場、カフェなど、市内のいくつかの会場もこのシステムを採用しており、近いうちにさらに多くの企業に参加することを希望しています。

「新しいテクノロジの短期的な影響を過大評価し、新しいテクノロジの長期的な影響を過小評価することは簡単です(ブロックチェーンも同様です)。

そして、我々は、新しい技術の影響は、それを使う人が誰にとってもできることに最終的に依存すると信じている」

とブログの記事で指摘しています。

テンセントは、5月に、不正行為に対応するために、地域税務当局と提携したことを発表しました。

いつも記事をSNSで共有及び拡散していただきありがとうございます!

こちらの記事もオススメです^_^

仮想通貨プロジェクトのLSK(リスク)がJavaScriptデベロッパー向けの新しいライブラリをリリース!

2018.08.08

仮想通貨VENのヴィチェーンがNTTドコモの5Gパートナープログラムと提携

2018.08.07