ブロックチェーン技術を積極的に取り入れるウォルマート

ウォルマートは主要なブロックチェーン・プレイヤーになろうとしている?




ブロックチェーン技術の世界は、ビジネスのやりとりや運用の新しい方法論を表しています。その真の可能性が実現すると、グローバルな産業全体でのブロックチェーンの統合は、次世代技術とビジネスの時代を迎える変革の波として現れます。

小売業の巨人ウォルマートがこのような開発の先駆者となることは確かではありませんが、アメリカ企業はその領域内でますます積極的な役割を果たしています。

アメリカ全体の小売店舗は、古くから瀕死の産業であると言われています。

Amazonやその他の電子商取引ソリューションのおかげで、消費者活動のオンライン化がますます進んでいるため、20世紀のショッピングモールやビッグボックスストアはビジネスを失い、続けるために苦労しています。

過去数年間、専門家たちは、アメリカのタイタン・ウォルマートの運命は痛ましいものになると予測していました。

同社は、ブロックチェーン技術の未来を受け入れる可能性のある技術的パイオニアのようなものではないと思います。

しかし、ウォルマートはアメリカ最大の事業として存続していることを証明しようとしているため、その支配力を維持するためのさまざまな方法を模索しているようです。

ウォルマートとブロックチェーン

ウォルマートが注目している分野の1つは、ブロックチェーン技術です。

先週、ウォルマートは患者の医療用ファイルの通信システムに関する特許を取得しました。

ウォルマートはヘルスケアの役割を拡大しようとしているため、この特許は患者がウェアラブル機器間で分配された元帳取引を介して医療記録を転送することを可能にするブロックチェーンベースのシステムを利用しています。

おそらくブレスレットの形になるこのデバイスは、ワトキンチェーンとウォリマイが使用するハードウェアに類似したRFID(無線周波数識別)タグを持ち、医療用ファイルをブロックチェーンを通じて薬局に送ります。

システムのブロックチェーンに基づく性質は、患者およびそのファイルの安全性を保証するとともに、前記ファイルを転送するのに必要なエネルギーの量を大幅に削減します。

この特許は、ウォルマートが別のブロックチェーン関連特許を付与された直後に授与されたものです。

この第2の特許は、電力交換のためのブロックチェーンベースのネットワークを包含します。

このモデルは、あるベンダーと通信しているデバイスを特定し、そのデバイスが暗号化のマイクロトランザクションを介してオンデマンドで電力を購入できるようにします。

ウォルマートが電気事業者としての役割を果たそうとしているのか、それとも会社自身の電力使用の面で無駄が少ないシステムを創り出すだけであるのかは不明です。

ウォルマートは以前、他の暗号関連の特許を申請している。1つは、ブロックチェーンストレージシステムでの顧客トランザクションの記録と編成を目指しています。

別の目的は、サプライチェーン管理のためのブロックチェーンネットワークを介したスマートなパッケージ配信を可能にすることです。

ENDORとウォルマート

ウォルマートはEndorの最初の顧客の1つです。過去2ヶ月以内に民間のクラウドファンディングを締結した2018年のスタートアップのENDORは、「予測分析のためのGoogle」と呼ばれてることもあるようです。

ブロックチェーン対応のAIプラットフォームを使用することで、 Endor Protocol(EDR) は、Coca-Colaや多数の主要企業を含む顧客のために、消費者の好みや反応、広告の効果などに関する予測を提供します。

ウォルマートが何をしようとしているのかは詳しくはまだわかりませんが、これからのウォルマートには注目したいですね!