仮想通貨のVEN(ヴィチェーン)がメインネットに移行しトールプラットフォームが始動!価格はどうなる?

仮想通貨のVEN(VeChain)はネットワーク上の活動は片面だけではなく、新しいプラットフォームで大きな進歩を遂げています。




ヴィチェーントールプラットフォーム

仮想通貨のVENのファンやコミュニティ待望のVeChain Thorプラットフォームは、2018年6月30日に最初のブロックが作成されEthereumからVeChain独自のMainNetへの移行が完了しました。

移行が成功した後、VeChainは、VeChain Thorネットワーク上の最初の一連のアクティビティの実行を進めました。

移行後、VeChain(VEN)の創設者兼CEOのサニー・ルー氏は、以前はVeChainネットワークを所有していたEthereumに感謝の意を表しました。

サニールー氏は、ヴィチェーントールネットワークがブロックチェーンネットワーク上に実際のビジネスアプリケーションを初めて導入することを望んでいます。

VeChainのメインネットがアクティブになったので、VeChainの次の大きなステップはトークンスワップです。

VeChainは、Plair、Mustangchain、Bitoceanの立ち上げ準備も開始する予定です。

最初の3つのICOがVeChainThorプラットフォームでの立ち上げを確認しました。


ヴィチェーントールは新しいルールを意味する

ネットワークの立ち上げは、VeChainがトールブロックチェーンのルールをどのように変更できるかを議論するために、現在はVeChainが「証明機関」(PoA)と呼ばれるシステムを使用することを意味します。

サニー・ルー氏は、PoAについて話すと、このアルゴリズムを「地方分権と集中化のバランス」と呼びました。

サニー・ルーによれば、分権化された部分は、投票権を持つトークン所有者に与えられる権利です。

トークン所有者の投票の重みは、彼らが保持する仮想通貨のVETトークンの数と、彼らがKYCプロセスを完了したかどうかに依存します。保有者は投票権を使用して、ネットワーク上のプロジェクトに関する声明を作成します。

ネットワーク内のトークン保有者は、議決権を使用して、ヴィチェーン財団運営委員会を選出します。運営委員会は、ヴィチェーン財団とネットワーク上の7人の運営委員会で構成されます。

投票プロセス後の運営委員会は、ネットワーク上で行われる投票プロセスからの決定を実行します。これは、サニールー氏がトールネットワークの「集中化された部分」と呼ぶものです。


ヴィチェーン(VEN)コミュニティ用の新しいウォレット

VeChain Thorネットワークは現在オンラインであり、ヴィチェーン財団はトールネットワーク用の新しいモバイルウォレットを発表しました。

LGとソニーはVeChain Thorモバイルウォレットの背後にある2大企業であり、ウォレットは2018年7月9日から発売される予定です。


ヴィチェーン(VEN)の価格状況

VeChainは8.4%の上昇でMainNetを強気に見せたが、ネットワーク上の活動の中でその利益は平坦化しました。

この執筆時点では、仮想通貨のVENは0.84%低下し、現在は2.63ドルで取引されています。VENの仮想通貨市場での時価総額は14.5億ドルで、これは18番目に大きい暗号通貨となっています。