VeChain(VEN)が大手物流企業と提携!実用ケースの仮想通貨プロジェクトとしてトップになる

VECHAIN(VEN)が物流企業とサプライチェーンマネジメントの革命を起こす

ビジネス企業向けサービスソリューションを提供する主要なブロックチェーンプラットフォームであるVeChain(VEN)は、世界有数のグローバルロジスティクスプロバイダーの1つであるDB Schenkerとの提携を発表しました。

DB Schenkerとは

DB Schenkerは、ドイツ・バーンの輸送・物流部門で、2000カ所以上の68,000人以上の物流専門家のネットワークを管理しています。ロジスティクスの巨人は、大気、海洋、鉄道、陸上輸送の管理ソリューションを支配するヨーロッパの貨物会社の大部分を担っています。

フランクフルトに本拠を置く物流大手のDBシェンカーは、英国王室列車  「クイーン・エリザベス2世」とロイヤル・ファミリーを運営し、日立レールとの長期契約を結んでいる英国最大の運送事業者です。DB Schenkerは世界の71%に相当する140カ国で事業を展開しているため、VeChainの市場浸透度は非常に高いです。

VeChain(VEN)は実用ケースのトップに

VeChainとDB Schenkerとの提携により、VeChainは、より高い透明性と効率性を提供しながらコストを削減することでレガシーシステムを精査する変革技術として強く宣伝されているブロックチェーンの実用ケースの頂点に位置付けられました。

シンガポールに拠点を置くVeChainは、ヨーロッパ市場に加えて、DB Schenkerが第三者のロジスティクスプロバイダーと提携する中国へのエクスポージャーを得る予定です。目標は、世界的なロジスティクスネットワークを構築することです。

VeChainは、複数のビジネスパートナーのパフォーマンスとサービス品質を測定する必要があるため、第三者とのプラットフォーム構築の複雑さを慎重かつ慎重に進めています。

パートナーは、分散型アプリケーション(DApp)を立ち上げ、DB Schenkerはエコシステム内のサプライヤを評価することができます。

VeChainの発表によると、評価プラットフォームは、DBシェンカーがサプライヤ管理目的でブロックチェーンを利用できるようにする最初のものです。

Blockchainは暗号の流行を促進しているイニシアチブやプロジェクトの海を生み出しました。開発者は、レガシーシステムと新しいブロックチェーンベースのプロトコルとの相互運用性に取り組んでいる一方、嫌悪者は採用が遅いと指摘しています。

ブロックチェーンエンタープライズソリューションを市場に投入するために、開発者はスケーラビリティとスピードにも注力しています。

画像 : https://medium.com/@vechainofficial/vechain-and-db-schenker-pioneer-in-the-use-of-blockchain-for-the-logistics-industry-55941c048070


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です