Uber共同創設者が発表した仮想通貨取引所Voyagerにリップル(XRP)も上場に向かっている。

コインベース、バイナンス、および他の巨大な仮想通貨取引所が市場を支配している間、新しいモデルが徐々に根づいています。





手数料ゼロの取引モデルはRobinhoodによって進められましたが、今や新しい参入者はトップの座を奪うつもりです。

Voyagerは、Uberの共同設立者を含むいくつかの有名な投資家の支援を受け、少なくとも15の仮想通貨をプラットフォーム上で提供する予定で、Robinhoodに比べて5倍の優位性を提供します。

また、少なくとも10種類の異なる仮想通貨取引所からの仮想通貨の価格を集計し、ユーザーに最高の価格でアクセスできるようにします。

Robinhoodは、今年の初めに無償で仮想通貨取引を開始したことで、特に大きな競争がなかったため、比較的成功を収めています。

これは、ボイジャーのCEO、スティーブン・エールリッヒによると、これはすべて変わりつつあります。

Ehrlich氏は、Fortuneと言えば、Robinhoodにはない特別な機能を提供しているため、彼のプラットフォームが業界での名前になるという自信を示しました。




そのうちの1つは、少なくとも15のVoyagerを提供している多数の仮想通貨を上場されていることです。

ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインなどが上場されます。

完全な上場リストはまだ決定してないようですが、彼は今、議論の的となっているリップルの仮想通貨XRPも上場に向かっていると述べました。

ボイジャーの優位性は、価格アグリゲータとして機能するため、提供されるコインの数を上回ります。

価格は、主要な暗号取引所10社と市場メーカー3社から集められます。

Ehrlichは、これにより、Voyagerのユーザーは、単一の取引所を使用する同業者よりも優れた価格で売り注文を実行することができると考えています。

EhrlichはLightspeed Financialの株式市場での個人投資家や専門投資家の経験を活かします。

LightspeedはEhrlichが共同設立し、電子取引プラットフォームを扱う仲介会社です。

仮想通貨は米国でまだ大衆に採用されておらず、まだ利用されていない膨大な機会があると彼は言いました。

ボイジャーは、必要な州の免許を確保しているため、州ごとに要件が異なるため、徐々に米国で展開されます。

すでにカリフォルニア州、モンタナ州、ニューハンプシャー州、ミズーリ州、マサチューセッツ州など多数の州の規制当局からの承認を取得しています。

ニューヨークなど一部の州では、その申請は保留中です。




少なくとも40州の営業承認を確保する予定です。

今週のベータテストは10月に予定されているモバイルアプリのリリースから始まります。

Uberの創業者でCTOであるOscar Salazar氏も創業者の一人です。

彼は同社の主要なテクノロジーアドバイザーであり、同社の数少ない初期投資家の一人でもあります。

Uber、Philip Eytanに関連する別の投資家も、同社の投資家です。

EytanはUberの最も初期の投資家の1人でした。

ボイジャーは友人や家族から資金を調達しているだけだとフォーチュンの報告書は指摘している。

Robinhoodは、ゼロフィーのトレードアプリで仮想通貨取引を開始すると発表したときに見出しを出しました。

株式取引アプリが人気を集めていたため、以前は仮想通貨取引していなかった巨大な若い投資家の市場に参入するため、この動きは天才的でした。

最近、ライトコインとビットコインキャッシュのサポートが追加されました。

Voyagerのような新しい仮想通貨取引所が登場すれば、競争はさらに魅力的になります。

こちらの記事もオススメです^_^

仮想通貨のトロン(TRX)はイーサリアムよりも80倍高速と発表される

2018.07.28

Viberが独自の仮想通貨を作る!親会社の楽天が計画する「バイバーと楽天コイン」

2018.07.06