仮想通貨TRXのトロン財団がAndroid用の新しい公式TronWalletアプリをリリースしたと発表

仮想通貨TRXのトロン財団が昨日、Android用の新しいTronWalletアプリが公式にリリースされたことを発表しました。





Androidでサポートされている端末のアプリはGoogle Playで既に利用可能で、iOSのバージョンもすぐに導入されると述べています。

同社の公式発表は以下の通りです。

「TronWalletは現在Android上で利用可能です!TRXを送信、受信、凍結、Super Representativesへの投票、Getty / IOによって構築された分散型ウォレットを使って電話からのトークンセールに参加する!すぐに利用できるiOS版、詳細はこちら」

新しく導入されたアプリの主な機能もアナウンスされていました。

・TronWalletは完全に分散されたP2Pウォレットで、ログインやサインアップは必要ありません。

・また、安全なPINに加えて、ローカルの秘密の暗号化も付属しています。

・すべてのトロンネットワーク操作は、 ‘create token’を除いて新しいウォレット上でサポートされています。

・ユーザは、トランザクションが処理された後にただちに通知を受け取るために通知をプッシュすることができます。

・資金への秘密鍵は、特定のユーザーにのみ属します。





同社の発表によると、新しく導入されたウォレットはゲッティ/ IO社によって開発されたことが確認されました。

これは現代のJavascript、AWS、ブロックチェーンのフロントエンド開発に特化した会社です。

このアプリは、Tronのプログラミングコンテストの枠組みの中でウォレットの発売前の4ヶ月間、同社によって開発されたと伝えられています。

報告されたように、この新しいプロジェクトは、イニシアチブを後援していたトロンのアクセラレータプログラムによってサポートされました。

さらに、正式に確認されたTron財団は、新しいTRXのウォレットを完成させるために、開発会社にシードマネーを20万ドル提供しました。

こちらの記事もオススメです^_^

仮想通貨のNEOはCertiKと提携し、スマートコントラクトセキュリティを強化

2018.08.02

Uber共同創設者が発表した仮想通貨取引所Voyagerにリップル(XRP)も上場に向かっている。

2018.07.29