仮想通貨のトロン(TRX)プロジェクトがバーチャルマシンを起動し、「シークレットプロジェクト」を公開

仮想通貨のトロン(TRX)プロジェクトは、そのプラットフォームを構築するための別のステップを完了し、月曜日にテストネットモードでは、バーチャルマシン(仮想マシン)をアンロールするように設定されています。





さらに、トロンの設立者であるジャスティン サン氏は、以前に発表したように、「シークレットプロジェクトの1つ」を明らかにする予定です。

バーチャルマシンでは、トロンプロジェクトはEOS分散オペレーティングシステムに似ています。

TronLiveによる最近のMedium Postで説明されているように:

バーチャルマシン(VM)は、コンピュータシステム(専用ハードウェア)をエミュレートするオペレーティングシステム(OS)またはアプリケーション環境です。





TVMは、トロンのエコシステムをより大きくより良くするために、トロン財団によって構築されたバーチャルマシンです。

トロンバーチャルマシンは、スケーラブルな分散アプリ(dApp)を構築する上で重要な要素になります。

スマートコントラクトとdAppは仮想マシンテストネット上で実行し、後でスーパー代表ノードのトロンバーチャルマシン(TVM)に導入することができます。

トロンバーチャルマシンは、イーサリアムのバーチャルマシンとは異なり、料金を必要としません。

これにより、開発者はより複雑なアプリケーションを計画して展開することができます。

TVMがどのようなタイプのリソースを必要とするかは不明です。

トロンエコシステムは、イーサリアムバーチャルマシンと互換性があります。

TVMはイーサリアムのVM(EVM)環境と互換性があるように設計されているため、イーサリアムの開発者はイーサリアムのスマートコントラクトをトロンに簡単に移植できるように、既存のコードをコンパイルして調整することができます。





トロンネットワークにはすでに27人のスーパー代表が選出されています。

24時間でトランザクションが70,000件を超え、ネットワークの使用開始から24時間で10,000件以下のトランザクションが発生したため、ネットワーク使用率も増加しています。

トロンネットワークが分散型アプリケーションに使用されると、イーサリアムの活動を容易に凌駕すると信じている人もいます。

トロン財団によると、ある時点でTRONネットワークは毎秒1,200トランザクションを運んでいましたが、そのレベルは毎秒繰り返されません。

Super Representativesの使用により、そのようなアクティブなトランザクションを処理できますが、TRONの使用はまだ非常に初期です。

こちらの記事もオススメです^_^

Uber共同創設者が発表した仮想通貨取引所Voyagerにリップル(XRP)も上場に向かっている。

2018.07.29

仮想通貨のトロン(TRX)はイーサリアムよりも80倍高速と発表される

2018.07.28