仮想通貨のトロン(TRX)メインネット開始とTRONの独立した匿名グループ「TIG」とは?価格はどうなる?

2018年6月25日午前10時にトロンメインネットが開始され、Tron Independent Group(TIG)ができました。



TIGとは

TIGとはトロン財団が保有する仮想通貨の3億4200万のTRXトークンを保管するための委託を受けた、コンセンサスに基づいたコミュニティ集団です。

それは27のボランティアの代表者で構成され、その身元は匿名で保管されていました。

TIGは新しい、SR(スーパー代表者と呼ばれる)がGR(ジェネシス代表者と呼ばれる)に取って代わり、ネットワークを担当しました。


選出方法

GRは6月18日にボランティアのSRのプールからトロン共同体によって選ばれた。

資格を得るためには、少なくとも5日間連続してSRのブロック発生率を99%以上にする必要がありました。

選択されたGRを含む一連のリハーサルの後、トロンはTIGをサイバー攻撃からTIGのメンバーを保護するため匿名で形成した最も優れた技術スキルを持つ27人を選びました。

トロンは、スーパーネットの3分の2をシャットダウンしてプロトコルバージョンの違いを引き起こすメインネットクラッシュの危機訓練も行いました。

GRはデータを失うことなくメインネットを復元することができました。

トロンは、公開されていないアルゴリズムを使用して、GRの1つをGenesis Boot Node(GBN)に選択しました。

GBNは6月25日に最終ブーツを起動し、GRの少なくとも3分の2がコマンドを確認した後、すべてのGRがメインネットの起動プロセスを開始しました。

プロセスが開始されると、GBNはジェネシスブロックの作成を開始した後にブートコマンドをネットワーク全体にブロードキャストし、それを受信すると残りの26 GRがジェネシスネットワーク(起点)に参加します。

GRの3分の2以上が合意に達すると、トロンメインネットが正式に立ち上げられました。


TIGの義務と約束

メインネット発足時のTIGの責任としてOKEx、Huobi、Bitfinexなどの主要仮想通貨取引所に交換サービスを提供することが含まれていました。

これにより、これらの取引所は、新たに立ち上げられたTRONメインネットに基づいてTRXトークンを提供することが保証されました。

また、TIGはトロン財団が所有する仮想通貨の3億4200万のTRXトークンを保護する義務がありました。

トークンは、リスクを最小限に抑えるために1,000の異なるアドレスに分散されました。これらのアドレスは、トロンメインネットの打ち上げ成功から3日後に発表されたものです。

トロンはまた、トークンの状況をトロンコミュニティが知ることができるようにアドレストラッカーを提供すると約束しました。

TIGは、6月25日の午前10時から、YouTube、Periscope、Facebookなどのさまざまなプラットフォームで12時間のライブストリームを開催しました。

ライブストリームは、トロンコミュニティに分単位の議事録の最初の座席を与えることを目的としていました。

トロンに公式なコミュニケーションの道を与えてくれるでしょう。ライブストリーム中、TIGは少数の仮想通貨のTRXトークンをトロンコミュニティの一部のメンバーに渡し、トロンメインネットの新機能を体験することができました。

打ち上げが正常に完了した後、GRはその地位を失い、選出されたトロンSR(スーパー代表者と呼ばれる)が引き継ぎます。

すべてのGRがSRによって置き換えられると、トロンは完全に分散され、自律的なプロトコルになります。

メインネットが開始されたことによってトロン(TRX)の価格にどう影響すると思いますか?記事をシェアしてあなたの意見を聞かせてください^_^

仮想通貨のトロン(TRX)についてはこちらの記事もおススメです。

仮想通貨のトロン(TRX)の創業者ジャスティン・サンがBitTorrentを買収。TRONの価格はどうなる?

2018.06.14

仮想通貨のTRX(トロン)のFX市場に参入とパートナーシップ

2018.06.07