的中率97%の人工知能がスゴすぎる件

元みずほ証券マンの仮想通貨投資法とは

カテゴリー

新着エントリー

仮想通貨業界の為のガイドラインをタイの証券監督機関(SEC)が策定

タイの証券監督機関が仮想通貨業界のためのガイドラインを策定

タイ証券取引委員会(SEC)は、今月下旬に発効する予定の仮想通貨業界向けの新しい規制を発表しました。新しい規制では、取引所のライセンスを受ける市場仲介業者の定義された数が規定されており、仮想通貨取引所と証券会社は同等の数のスポットを獲得しています。

委員会はまた、市場参加者による取引ペアとして取引されることが許される7つの暗号通貨を発表しました。この動きは、ボラティリティと規制の欠如があるこの仮想通貨業界に秩序と監督をもたらすことが期待されています。

主要な問題に対処する規制

委員会が公表したガイドラインは非常に徹底的で、バンコクポストは、市場参加者が8月14日までに新しい枠組みの下でライセンスを申請すると報告しています。まず、10の仲介業者がライセンスを申請し、半分は仮想通貨取引所のために予約され、残りの半分は証券会社やディーラーに譲渡すると記載されています。

取引可能な7つの仮想通貨

ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、リップル(XRP)、ステラ(XLM)、ライトコイン(LTC)です。これらの通貨はICOの取引ペアとして使用されます。委員会はコインの流動性とコインを上場する信頼性を考慮しました。

委員会は、証券会社、ディーラー、仮想通貨取引所およびICO発行者を含む、すべての仮想通貨市場参加者を監視します。これらの参加者は、発効日から90日以内にレギュレータに登録する必要があります。承認を受けるには、ターゲットとする投資家に提供する仮想通貨資産に関する重要な情報を共有する必要があります。また、コイン発行元の企業は、事業を開始する前に、財務省の承認を得なければならないということです。

規制当局はまた、新しい法律に反する者に対して厳しい懲罰的措置を課しました。許可されていないデジタル資産を売却したとして有罪判決を受けたICO発行者は、トランザクションの価値の最大2倍、または最低500,000バーツ($ 15,650)の罰金です。また、最長2年間の懲役の可能性を示しています。

ICOの発行元は機関または個人投資家からの投資を求めることができ、各対象グループのガイドラインは大きく異なります。機関投資家の場合、ICO発行者は無制限の投資を行うことができます。しかし、個人投資家から引き上げることができる最大額は1人あたり300,000バーツ(9,390米ドル)に制限されています。

このガイドラインでは、仮想通貨取引所が500万バーツ(156,500ドル)を支払う必要があり、ライセンス料も掘り下げました。証券会社は250万バーツを支払う必要があり、ディーラーは200万バーツを支払う必要があります。参加者はまた、財務省に年会費を支払わなければいけません。

分散型取引所は最低500,000バーツ(15,650ドル)の手数料で取引量の0.002%を徴収し、仲買会社は最低取引額250,000バーツ(7800ドル)で取引量の0.001%。集中型取引所は、1,000万バーツ(313,000米ドル)を必要とする分散型取引所の登録資本金として5,000万バーツ(1,560,000ドル)が必要です。

これは、特に金融サービス業界でブロックチェーンを完全に受け入れてきたタイの暗号業界の画期的な動きです。タイの銀行、金融業界の規制当局は、効率を高め、コストを削減し、透明性を高めるために行われました。BoTの総裁は、最近、規制当局がバックオフィス決済のCBDCのサポートを主流の用途のために実施することを検討していることを明らかにしました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です