タイは金融機関や商業銀行が仮想通貨に関わることを条件付きで許可する

タイは銀行が条件付きの仮想通貨活動に従事できるようにします。銀行自身が仮想通貨を取引することは許されませんが、免許を有する子会社を通じて行うことができます。





タイの金融機関の商業銀行は、仮想通貨に参加することは一連の規則の下で許可されています。

以前、中央銀行は、タイの金融機関が仮想通貨を提供したり、仮想通貨取引を提供したり、仮想通貨取引のプラットフォームを作成したりすることを禁止していました。

タイの商業銀行や金融機関、資産運用会社、証券会社、保険会社などの子会社は、仮想通貨に投資し、場合によっては仮想通貨を発行することができますが、サーキュラーに記載されている特定の規則に従わなければなりません。

まず第一に、タイの金融会社は、顧客に関する取引や「デジタルクレジットカード」の発行を認められていません。

第二に、すべての活動は「厳格なリスク管理」の対象でなければなりません。

金融会社の子会社は、仮想通貨を取引して仮想通貨を発行することが許可されます。

ブローカーのタイ証券取引委員会(SEC)や保険会社のタイ保険事務所(OIC)の許可を得る必要があります。

ただし、仮想通貨投資のために設立された新しい子会社は、BoTの承認を申請する必要があります。

申請はケースバイケースで精査されます。




商業銀行自身は、仮想通貨を発行したり、売買したり、売買のためのサービスを提供したり、その点で未認可の投資家に助言を与えることはできません。

彼らは、BoTの規制サンドボックスに受け入れられた後でのみ、顧客サービスを改善する目的で仮想通貨を発行して投資することが許可されます。

他の多くの国と同様に、タイの仮想通貨との関係はやや緊張しています。

一方、タイ最大の映画館であるCineplex大手は、スイスのフィンテック開発者RapidzPayと協力して、支払いエコシステムを導入し、ビットコインや他の仮想通貨でポップコーンから映画のチケットまであらゆるものを購入できるようにしました。

こちらの記事もオススメです^_^

ニューヨーク証券取引所の親会社が仮想通貨取引所、ビットコイン先物取引を開始

2018.08.05

Uber共同創設者が発表した仮想通貨取引所Voyagerにリップル(XRP)も上場に向かっている。

2018.07.29