スイスの銀行が仮想通貨に関連する資金運用を開始すると宣言

スイスの銀行Maerki Baumannは、マイニングやレンダリングサービスの支払いなど、仮想通貨に関連する資金運用を開始すると宣言しています。





この選択は、スイスの過半数の人々が仮想通貨の取引等による資金を守ることが困難であることを見始めたためです。

広大な人口は、リヒテンシュタインのバンク・フリック(Frick of Liechtenstein)にその資金を運ぶことを決めました。

仮想通貨の顧客のための銀行の共通の姿勢は、仮想通貨が長期投資手段ではないと考えているため、特に大きな金額の投資を支持するものではありません。

他のスイスの金融機関は、仮想通貨が不正行為に由来していると見なしたり、マネーロンダリング防止規制に同意した場合に検証が困難であるため、このような取引を拒否しています。

いつもSNSで記事を共有及び拡散していただき、ありがとうございます!

こちらの記事もオススメです^_^

ゴールドマンサックスが仮想通貨保管サービスを開始するとこを検討

2018.08.07

ニューヨーク証券取引所の親会社が仮想通貨取引所、ビットコイン先物取引を開始

2018.08.05