米国証券取引委員会(SEC)は、ProShares、GraniteShares、DirexionのBitcoin ETF申請を拒否

米国証券取引委員会(SEC)は、ProShares、GraniteShares、DirexionのBitcoin ETF申請を拒否しました。





SECは、ProShares、GraniteShares、Direxionの3つ、合計で、9つのBitcoin ETF提案が拒否されました。

・ProShares Bitcoin ETFとProShares Short Bitcoin ETF

・GraniteShares Bitcoin ETFとGraniteShares Short Bitcoin ETF

・Direxion Daily Bitcoin Bear 1X Shares, Direxion Daily Bitcoin 1.25X Bull Shares, Direxion Daily Bitcoin 1.5X Bull Shares, Direxion Daily Bitcoin 2X Bull Shares, and Direxion Daily Bitcoin 2X Bear Shares Under NYSE Arca Rule 8.200-E

この拒否は、SECによって仮想通貨に対処された一連の打撃の最新のものです。




7月下旬、Winklevossが支援するBitcoin Shares ETFが2回目を拒否され、ちょうど先週、SECはVanEck Bitcoin ETFに関する決定を9月30日まで延期すると発表しました。

後者はBitcoin価格を発表の数分で4%以上を達成しました。価格はその後5時間でさらに4%低下し続けました。

SECは「ビットコインやブロックチェーン技術がイノベーションや投資としての有用性や価値を持っているかどうかの評価には不満はない」と述べました。

SECの決定の背後にある理由は、各ETF応募者にとって同じでした。

いつも記事をSNSで共有及び拡散していただき、ありがとうございます!

こちらの記事もオススメです^_^

トロン(TRX)が立ち上げるTronVMと53の仮想通貨取引所とは?

2018.08.22

スイスの銀行が仮想通貨に関連する資金運用を開始すると宣言

2018.08.17