ビットコイン(BTC)の新しい改善提案!「Schnorrシグネチャ(署名)とは?」

署名(シグネチャ)は、ビットコイン (BTC)ブロックチェーンの基礎の1つです。間接的な方法ではあるが、ブロックチェーン上の二重支出の問題を解決することが可能です。





ブロックチェーン上の署名は、トランザクションの検証を可能にするものです。

ユーザーがトランザクションデータのハッシュを作成すると、そのトランザクションのハッシュは、その秘密鍵を使用して署名できます。

この署名は、取引当事者の公開鍵を知っている誰でも確認できます。

しかし、Elliptical Curve Digital Signature Algorithm [ECDSA]として知られている現在の署名システムは、Schnorrの署名である「優れた」署名方法と比較して短いと言われています。



Schnorrシグネチャ(署名)とは?

Schnorrシグネチャは、名前が示すように、Schnorrシグネチャ(署名)アルゴリズムによって生成された記号です。

そのセキュリティは、個別のアルゴリズムの難しさに基づいています。

ビットコインネットワークで使用するために、ビットコイン改善提案が提出されました。

これは、楕円曲線上の64バイトSchnorr署名の標準を提案しています。

Schnorrシグネチャのセキュリティは、Random Oracleモデルでは証明可能ですが、ECDSAでは同様の証明はありません。

ECDSAはまた、第三者が特定の公開鍵の正当な署名を変更できるため、順応性があります。

さらに、Schnorrシグネチャは、マルチシグを実行する能力を持つため、ストレージと帯域幅の使用を25%削減すると言われています。



マルチシグとは

通常のビットコインアドレスとは違い、マルチシグ(マルチシグネチャ)のアドレスはビットコインを送付するために複数の署名が必要です。必要な署名の数は「2/3」のように分数で表されます。

この場合「事前に作られた3つの秘密鍵の内、2 つの鍵での署名が必要」という意味になります。

マルチシグを採用することで高セキュリティのウォレットを構築できます。

最重要データである秘密鍵が 1 つ漏洩しても、別の鍵がなければビットコインの送付が出来ないからです。

攻撃者が 2 つ以上の別々の設計のプラットフォームに同時に侵入することは非常に困難です。

マルチシグはセキュリティーを追求した、最新のビットコインテクノロジーです。

引用 : ビットフライヤー(https://bitflyer.com/ja-jp/glossary/multisig)

MuSigのようなプログラムを使用すると、複数の参加者が署名した公開鍵を組み合わせて作成することができます。

これによりプライバシーと効率が向上し、CHECKMULTISIGをトランザクションのバッチ処理に使用することができます。

標準化されたSchnorrシグネチャを使用すると、ブロックサイズの議論中にビットコインブロックチェーンに見られるスパム攻撃も発生します。

複数のアドレスが同じ種類の攻撃で同じアドレスにコインを送信したため、Schnorr署名は、同じアドレスにコインを送信する複数のアドレスが単一のシグネチャでバッチ処理されるように動作します。

Schnorrシグネチャースタンダードは、ビットコインブロックチェーンの道筋のようです。

この改善の一部のアプリケーションでは、ブラインド署名によってアトミックスワップも可能です。

こちらの記事もオススメです^_^

スイス証券取引所が仮想通貨取引を開始する!2019年にSIX Digital Exchangeが始動!

2018.07.07

仮想通貨取引所のBTCCが復活して独自トークンも計画中!中国マネーが動き出す?

2018.07.03