オントロジー[ONT]はブロックチェーンの開発者をチームに招待

仮想通貨ONTのオントロジーは東京で開催されたJapan Community Mainnetイベントの最近の進展について公式Twitterで発表しました。





このイベントでは、多くのブロックチェーン開発者やオントロジーコミュニティのメンバーが参加しました。

イベント中、オントロジー(ONT)の創設者であるLi Jun氏は、オントロジーのビジョンについて話しました。

創設者は、オントロジー(ONT)の分散した信頼エコシステムがどのように商業分野における理想的なユースケースであるかを説明しました。

「シンプルな」商取引では、オントロジー(ONT)のような分散プラットフォームが有用な複数の信頼できるファクターが必要だと述べました。

リー氏はまた、オントロジー(ONT)の分散型クライアントONTO、Smart Contract Tool SmartX、および公式デスクトップウォレット ‘Owallet’をどのように使用できるかについても説明しました。

彼は、オントロジー主導のソフトウェアが友人、家族、同僚間の監督されていないコラボレーションを提供するため、ユーザーは技術に対する信頼を高めることができると考えています。

さらに、ジュン・リー氏は、信頼のエコシステムを共同作成するためにこのため、ブロックチェーンの開発者をコミュニティに参加させました。

チームはONTの技術チームに仮想通貨のONTの10%を割り当てました。

また、Ontology(ONT)のグローバル開発マネージャー、Mathias Glintborg氏は、オントロジー(ONT)がすぐにBountyプログラムを立ち上げると発表しました。

オントロジー(ONT)のロードマップと今後の展開について議論するコミュニティメンバーに加えて、オントロジーパートナーの一部もこのイベントで講演しました。

ブロックチェーンDigital Advertisement Platform [DAD]の副社長Leslie Wu氏は次のように述べています。



「広告業界におけるブロックチェーン技術の効果的な適用は、より良いプロファイルとより正確な広告配信を可能にします。

オントロジーの技術により、より透明なデータと公正な広告を提供することを楽しみにしています。」

このイベントには、Yang Yang [ブロックチェーンベースのスマートハードウェアインフラストラクチャソリューションプラットフォームのハードウェアシステムアーキテクトディレクター、Chain of Things]、Tony Yu [ブロックチェーンベースの新世代与信サービスネットワークポイントのPRとブランドVP]、Li Sheng [BlockchainベースのBusiness Data Networkのビジネスディベロップメントディレクター]が、オントロジーの技術を業務で使用することについて語りました。

ONTのジュン・リー氏の発言によると、オントロジーは中国での確立を目指すことが明らかになりました。

彼によると:

「中国では、ユーザー数は膨大で需要は多様です。

また、中国市場での技術開発の巨大な可能性を示す優れたインフラストラクチャーと高品質のインターネットリソースも備えています。」

チーフストラテジーオフィサー、Andy Ji氏は、日本のメディアと話をして、近い将来に分散型のアプリを作成する予定であることを明らかにし、開始以来、チームは継続的にタイムラインを進めてきました。

いつも記事をSNSで拡散お及び共有していただき、ありがとうございます!

こちらの記事もオススメです^_^

仮想通貨デビットカードのWirex、英国FCAから電子マネーライセンスを取得

2018.08.24

トロン(TRX)が立ち上げるTronVMと53の仮想通貨取引所とは?

2018.08.22