仮想通貨のNEOはCertiKと提携し、スマートコントラクトセキュリティを強化

仮想通貨のNEOは、より安全でバグのないスマートコントラクトと身元確認を提供することを目指して、セキュリティ監査会社のCertiKと提携しています。





ブロックチェーンプラットフォームNEOは、セキュリティ監査会社CertiKと提携し、プラットフォームのエコシステムにおけるスマートコントラクトに「正式な検証フレームワーク」を実装すると、NEOは発表しました。

最終的な結果は、複数の機能を備えたカスタムメイドのソリューションになるため、取引の範囲はかなり広がっているようです。

スマートコントラクトを監査する以外に、セキュリティ専門家はNEOブロックチェーンのデジタルIDを検証します。

NEOのチームは、ネットワーク上の貢献のほとんどが個々のコーダーから来ていると指摘しました。

そのような機能は高く評価されます。

スパム対策メカニズムを追加することも、スパム・トランザクションを使用したネットワークへの最近の攻撃を前提にして、優先事項であるべきです。




NEOのグローバル開発責任者のZhao Chen氏は、このようにセキュリティ層を追加することで、より多くの開発者がレイヤーを構築することで、このセキュリティレイヤーがエコシステムの繁栄を促進すると語っています。

CertiKは、所与のコードのユーザビリティをチェックする、いわゆる「フォーマル検証」を提供します。

ブロックチェーン転送に適用すると、複雑なプルーフタスクをより小さなものに分割する「レイヤーベース」アプローチが採用されます。

その後、システムは独自の元帳を使用して、独自のチェックとクライアントコードの「スタンプ証明書」を実行します。

使用されている技術の一部は、ハッカーに抵抗するオペレーティングシステムと呼ばれるCertiKOSの作成にも採用されています。

CertiKはサイバーセキュリティ分野の学者とベテランのチームによって率いられています。

 

こちらの記事もオススメです^_^

仮想通貨のEOS(イオス)がアプリケーション開発を容易にするツール「Demux」を発表!価格はどうなる?

2018.07.31

仮想通貨のトロン(TRX)プロジェクトがバーチャルマシンを起動し、「シークレットプロジェクト」を公開

2018.07.30