マウントゴックスの債権者はビットコインで返還されるかも?

マウントゴックスの債権者はビットコインで返還されるのかもしれない




マウントゴックスは2017年11月24日に東京地方裁判所で民事再生手続の開始について債権者の一部が提出した申立てにより、倒産し、2018年6月22日に詳細を発表しました。

マウントゴックスは、2014年に取引所から4億7300万ドル以上盗まれた後、倒産を余儀なくされました。

債権者から提出された最新の嘆願書は、払い戻しの方法に関することです。

問題点は、ハッキング時のビットコインの交換レートで、1ビットコインあたり約480ドルということ。

破産することによって、債権者は提出時の為替レートで返済されていました。ビットコインは今1ビットコインあたり6100ドル以上で取引されています。当時よりも大幅に価値が上がっています。

この変更の詳細は、損失時のビットコインの価値ではなく、損失したビットコインの額に関して債権者に支払うことができることを意味します。

小林信明弁護士が民事再生管財人として行動しますが、彼自身の論争がないわけではありません。

小林氏は、為替の円建て債務を返済するために大量のビットコインを売る責任があります。
これらの売上高はビットコインの価格の暴落と一致しました。

小林氏は、

「MTGOXの資産を管理し処分する権力と権限はまだ私に帰属しており、MTGOXの資産の管理と請求の調査を含む民事再生手続は、東京地方裁判所に従う」

と発表しました。

マウントゴックスの債権者はビットコインで返還されるのかもしれません。

このニュースが仮想通貨の相場にどう影響を与えるのか見ものですね。