米国特許商標庁がマイクロソフトやIBMの仮想通貨の技術のブロックチェーン関連特許を発表

米国特許商標庁(USPTO)はIBM、マイクロソフト、JPモルガン、ノーザン・トラスト・コーポレーションのブロックチェーン関連特許をいくつか公開しました。





米国特許商標庁(USPTO)は木曜日に一連の特許出願を公開したが、そのうちのいくつかはブロック・チェーンとも呼ばれる分散型元帳技術(DLT)に関連していました。

出願者の中で、Microsoft、IBM、Northern Trust Corporation、British Telecommunications、JPMorganなどの企業に注目しました。

マイクロソフトは億万長者のビルゲイツ氏によって設立され、米国のハイテクの巨人と呼ばれています。

3件の相互の特許のためのアプリケーションを提出し、「コンソーシアムの設立 ブロックチェーンネットワーク、」「コンソーシアムブロックチェーンの検証ブロックチェーンと合意プロトコルとのネットワーク、」および「トランザクション処理コンソーシアムブロックチェーンネットワーク用。」すべてのアプリケーションを昨年6月29日に提出されました。

本発明は、企業がブロックチェーンコンソーシアムに参加する方法を確保することを目的としています。

特許明細書によれば、第1のブロックチェーンノードが承認されると、コンソーシアムのファウンダーは、所定のタイプのブロックチェーンまたは他のプロトコルコードを認可することができます。

また、第1のノードの所謂信頼できる実行環境(TEE)に保持された所定のメンバーシップリストを定義することができます。

提案されたメンバーから承認されるべきメンバーシップリストおよび所定のブロックチェーンまたは他のセキュリティプロトコルコードが一致するかどうかに関して決定を行うことができます。

その場合、TEEアテステーションを使用して、コンソーシアムの予定メンバーに関連付けられたノードが、事前承認されたタイプのブロックチェーンまたは認可される他のセキュリティプロトコルコードを格納することを検証することができます。





英国最大のモバイル、ブロードバンド、および固定回線サービスプロバイダであるBritish Telecommunication PLC(BT)は、3つのブロックチェーン関連アプリケーションを提出しました。

本発明は、題しれる「制御リソースの分散コンピューティング環境でプロビジョニング」、「消耗アクセス制御」および「アクセス制御」アプリケーションのすべてが2016年7月20日に出願されました。

BTによって提案されたアクセス制御特許は、いくつかのコンピュータアクセス制御の課題を解決することを目指しています。

IBMは、USPTOがブロックチェーン関連のアプリケーションをリリースするたびに常に存在します。米国の技術大手は、2017年2月9日に特許を申請し、「ブロックチェーンデータベースを使用したデータベース管理システムを管理する」という申請書を提出しました。

米国最大の銀行であるJPモルガンは、本年4月2日に「資格を持つオートメーション・ソフトウェアのテストおよびパッケージング・フレームワークを実装するための方法とシステム」と題する発明の申請書を提出しました。

この方法では、 (PoE)コンセンサスを提供しています。

シカゴベースの金融サービス会社ノーザントラスト・コーポレーションは、ブロックチェーン関連の特許出願。2017年12月18日に出願された「システムおよび方法、分散ネットワーク・ノード内のデジタルトークンを発行し、追跡する。」本発明は、支払義務を追跡するシステムを提案します。

説明によれば、ユーザは支払い義務に裏打ちされたデジタル支払いトークンを生成することができる。

次に、支払義務が満たされたときにトークンを更新することができます。

ノーザントラストは、米国最大の銀行の一つであり、最も古い銀行の一つです。S&P 500指数の一部であり、NASDAQ証券取引所に上場しています。

いつも記事をSNSでシェア及び拡散して頂きありがとうございます。

こちらの記事もオススメです^_^

ニューヨーク証券取引所の親会社が仮想通貨取引所、ビットコイン先物取引を開始

2018.08.05