仮想通貨プロジェクトのLSK(リスク)がJavaScriptデベロッパー向けの新しいライブラリをリリース!

リスク(LSK)は、Lisk Coreリリースよりも前に、既存のJavaScriptソリューションを置き換えるLiskエレメンツを発表しました。





SDKは依然として最も一般的なコミュニティリクエストです。

Lisk Elements v1.0.0は、プロジェクトを扱うJavaScript開発者のための新しいツールを提供します。

分散型アプリケーションプラットフォームのリスク(LSK)チームは、Twitterで新しい機能を発表しました。

新しいソリューションは以前のLisk JavaScriptを置き換えるもので、Lisk開発者コミュニティのための “go-to”リソースとなる予定です。

JavaScriptは現在、Liskの製品の一部、特にLisk HubとLisk Commanderで使用されています。

大きな変更は基本的にすべてを最初から行い、アーキテクチャ全体を再構成します。

タッチされた領域には、Liskプロトコルに関する定数が含まれます。

ニーモニックのパスフレーズ管理、BIP39のワードリストとの整合性などが挙げられます。

さらに、APIクライアントは大幅に更新され、接続が容易になりました。




すぐにリリースされるLisk Core v1.0.0(Testnet上で現在入手可能)のより大きなリリースで、Lisk Elementsは踏み台のように見えます。

チームは、主な製品が稼動する前に新製品の「波」が現れることを示唆しました。

新しいライブラリは、他の機能に依存しないため、最初にリリースされています。

Twitterの発表に対する反応は、コミュニティの一部が他のものがより重要だと考えているため、かなり混在していました。

さらに重要なサイドチェーン開発キット(SDK)は明らかに主要な要求ですが、すぐには実現しないようです。

こちらの記事もオススメです^_^

仮想通貨のトロン(TRX)はイーサリアムよりも80倍高速と発表される

2018.07.28