仮想通貨のリスク[LSK]のプロジェクトはコマンドラインインターフェイスツールをリリース

仮想通貨系プロジェクト(ブロックチェーンアプリケーションプラットフォーム)のリスク(LSK)は、コマンドラインインターフェイスツールLisk Commander 1.0.0のリリースをTwitterで発表。





新しいリリースは、コマンドラインを使用して本質的にLiskコアと対話できる機能を提供することに焦点を当てています。

以前は「Lisky」と呼ばれていたLisk Commanderは、Liskコミュニティの高度なユーザー向けに作られたツールです。

Lisk Commander 1.0.0は、その技術にLisk Elementsとして知られているJavaScriptライブラリを使用すると言われています。

Lisk開発チームは公式メディアブログで、Lisk Commanderには新しい機能が追加されていると述べています。

Lisk Commanderには、Lisk Core 1.0 APIとして知られているLiskのAPI [Application Programming Interface]の1つと「get and list」として知られている機能があります。

このAPI機能により、Lisk Commanderは特定のネットワークからブロックチェーンに関連する情報を取得できます。

Liskのクルーが追加したもう1つの機能は、 “タイプ0からタイプ4のトランザクション”です。

この機能により、ユーザーはネットワークにサインインしてトランザクションをブロードキャストすることができます。

4種類のトランザクションには、転送、第2の署名の登録、代理人の登録、代理人への投票、および複数署名アカウントの登録が含まれます。




さらに、ユーザがトランザクションを取得するとき、ユーザは、それが真正の署名を含むかどうかを見るためにトランザクションを検証することができます。

Lisk Commanderには、特定のアカウントの所有権を認証できる機能が追加されました。

これは、メッセージまたは署名の所有権を証明する ‘メッセージに署名して確認する’コマンドによって実現されます。

Lisk Commanderの次は?

Liskチームのブログによると、Lisk Commanderは一般的なフレームワークの変更を見て、ユーザーの操作性を向上させます。

Liskはフレームワークを ‘vorpal’から ‘oclif’に ‘oclif’として移行しようと計画していますが、現在は積極的に開発されていません。

現時点では、Lisk CommanderはLiskコミュニティの上級ユーザー向けにプログラミングされています。

しかし、Lisk Commander 2.0の今後のリリースでは、開発者とブロックチェーンクリエイターのための機能が提供される予定です。

いつもSNSで記事を共有及び拡散していただきありがとうございます!

こちらの記事もオススメです^_^

中国版LINEのWeChatが企業の払い戻しのためのブロックチェーン技術をテストしている

2018.08.11

仮想通貨プロジェクトのLSK(リスク)がJavaScriptデベロッパー向けの新しいライブラリをリリース!

2018.08.08