JPモルガンが仮想通貨のブロックチェーンに関連する特許を取得!その内容とは?

銀行は長年にわたって仮想通貨やビットコインの技術に強い関心を示しています。





新たな潜在的なビジネスユースケースを模索するために、これらの金融機関によって様々な特許が提出されています。

アメリカ合衆国ニューヨーク州に本社を置く銀行持株会社であるJPモルガンは最近、銀行がブロックチェーンベースの仮想預託証券を発行することを可能にする特許を授与されました。



JPモルガン・チェースとブロックチェーン

非常に多くの銀行がブロックチェーンの世界での機会を模索しているので、近い将来、多くの新しいユースケースと製品が開かれる可能性があります。

これらの潜在的なユースケースが商用化されるかどうかは、まったく別の問題です。

ブロックチェーンテクノロジに関連した誇大宣伝はまだ多くあり、実際にユースケースや製品がリリースされるどころかプロジェクト自体が進行しているかわからないというのが大半の仮想通貨の現状です。

しかし、JPモルガン・チェースに与えられた新しい特許は、そのすべてを変更する可能性があります。

これは、銀行がブロックチェーンに基づいた仮想預託証書の発行を開始できるようになります。

これは主に銀行サービスに関係するように見えますが、これは仮想通貨にも重点を置いた意味合いを持つ可能性が非常に高いです。

他のいくつかの主要な銀行と同様に、JPモルガン・チェースは、仮想通貨について明確な意図を持っています。

CEOはこの特定の形態の資金の大ファンではないかもしれませんが、銀行は仮想通貨取引デスクを立ち上げようとしています。

規制の状況がどのように変わるかわからないので公式のタイムラインはまだ発表されていません。

一部の専門家は、JPモルガンの特許がICOトークンを発行するという概念に非常に類似していることを考えています。




ブロックチェーンに基づく仮想預託者の受取人がICO発行のように聞こえるのは事実ですが、両者の間にはかなり大きな違いがあるかもしれません。

JPモルガンにとっては、このアプローチは主に新規株式公開を容易にすることを目的としているようです。

これはイニシャルコインオファーリングとまったく同じではありませんが、この技術がある時点で金融セクターに向かうことは明らかです。

主な利用事例は、銀行が探求しようとしている選択肢の1つである、デット・エクイティを用いて伝統的な金融と結びついています。

このような特許が発行された場合のように常にそうであるように、あまりにも懸念したり興奮したりすることはありません。

JPモルガンがこの技術を商業的に利用するまでは、銀行にとってこれが何を意味するのか正確にしか推測できません。

銀行はビットコインの技術を探求したいと考えていますが、ビットコイン自体に関連するリスクは必ずしも負いません。

こちらの記事もオススメです^_^

仮想通貨のトロン(TRX)はクローム拡張機能「トロンリンク(TronLink)」を発表!その内容とは?

2018.07.21

取引所のHuobiが仮想通貨取引所を簡単に作れるクラウドシステムを開発!

2018.07.20