日本の金融庁が仮想通貨取引所のオンサイト検査の結果を発表

日本の金融規制当局は、国内で稼働している23の仮想通貨取引所のオンサイト検査の結果を発表





日本の金融庁(FSA)は、全国の23の仮想通貨取引所で行われたさまざまなオンサイト検査の結果を発表しました。

オペレーティングライセンスを取得することを望んでいる取引所から新しいアプリケーションを受け入れることになると、より厳しくなるはずであるという結論に至りました。

この時点以降、新しい取引所は、ビジネスモデルを含む特定の基準について自らのビジネスを分析する政府検査官の現場訪問を必要とするでしょう。

「会社の事業計画と実効的な内部統制システムの状況と、ユーザーの保護を優先し、現場での聴聞会を通じたガバナンスシステムの状況についての文書と証拠を豊かにする」と発表されました。

FSAは、セキュリティを妥協したために何億ドルもの損失を被った取引所であるコインチェック(Coincheck)に関して、取引所は「別々に検証される」と述べました。




FSAは、政策勧告に加えて、「自主規制機関は効果的な内部統制システムを確立する必要がある」と指摘しました。

これは、金融監督当局が今後も自主規制機関も検査する可能性があることを意味します。

これは驚くべきことではありません。なぜなら、政府は最初に、仮想通貨取引所のルールを採用したからです。

Goxは2014年に違反に遭いました。しかし、コインチェック(Coincheck)の違反は、このハックが古い規則が十分に厳格ではないという証拠であると考えているので、交換環境を規制するFSAからの関心を新たにしました。

確かに、これらの検査が日本での違反を減らすかどうかを示す方法はありませんが、すでに新しい技術者が不足している市場を飽和させる新しい取引を妨げる可能性があります。

いつも記事をSNSで共有及び拡散していただきありがとうございます。

こちらの記事もオススメです^_^

モバイル動画アプリのCheezがユーザー報酬システムで仮想通貨を採用!

2018.08.09

ゴールドマンサックスが仮想通貨保管サービスを開始するとこを検討

2018.08.07