仮想通貨業務禁止令を出したインド、これから国外に進出する可能性はある?

インドの最高裁判所は、4月に宣言された金融機関にすべての仮想通貨関連業務を停止させる判決を求める控訴を却下しました。





この動きは、インド準備銀行(RBI)によって規制されているすべての仮想通貨関連業界が、仮想通貨の売買などの仮想通貨に関連するすべてのサービスに従事することを禁じられていることです。

インドのタイムズ紙が報告しているように、仮想通貨の譲渡も制限に含まれる予定です。

インドの中央銀行(RBI)は、4月に同国国内の仮想通貨業務への支援を撤回するための銀行に対する指令を出しました。

銀行は指令を遵守するための3ヵ月間の猶予期間がありました。

仮想通貨コミュニティは、指令に対し反対意見であったためにインドの司法機関に行きました。

しかし、最高裁判所が控訴を却下し、仮想通貨関連事業は禁止するということが決定されたようです。


インド国内のすべての金融機関が撤退

7月5日までにインド国内すべての金融機関が仮想通貨関連業務から撤退する予定です。

この判決は、主要な事業がブロックチェーンと仮想通貨を扱う多くの企業にも影響を与えます。

影響を受ける企業がどのような行動を取るのかを見ることは興味深いです。

最近の日本、香港、中国の規制緩和の場合、沢山の新興ブロックチェーン企業がシェルターとして海外に派遣することを決めました。