的中率97%の人工知能がスゴすぎる件

元みずほ証券マンの仮想通貨投資法とは

カテゴリー

新着エントリー

イーサリアム開発者が「キャスパー」と「シャーディング」をリリースする。ETHの価格やマイニングはどうなる?

多くの仮想通貨ファンは、主要な仮想通貨の規模をどのように拡大するのか楽しみにしています。イーサリアムは特別な関心事であり、開発者はCasperとshardingの両方を同じメジャーアップグレードで導入しようとしているようです。

キャスパーとシャーディングとは

今日の市場の他のほとんどの仮想通貨と同様に、イーサリアムの適切なスケーリングソリューションが必要であることが明らかです。このネットワークは現在、1日あたり約100万件の取引を処理していますが、状況はうまく進んでいるようです。

イーサリアムの主なスケーリング提案の2つは  シャーディングとキャスパーです。キャスパー(Casper)とはイーサリアムが作業実績からハイブリッドPoW / PoSシステムに切り替えるアップグレードであり、最終的にPoWを落とします。一方でシャーディング(Sharding)は、多くのブロックチェインを膨らませることなく、より多くのトランザクションを並行して可能にします。そのため、将来的にはより高いトランザクションスループットが達成されることが期待されます。

これまでは、イーサリアムの開発者が両方のスケーリングソリューションを連続してリリースしようとしているかのように見えました。しかし、その計画は変更されている可能性があります。イーサリアムの開発者が次の主要なネットワークアップグレードでシャーディングとキャスパーの両方をどのように組み合わせるかについては、インターネット上で様々な噂が流れています。

さらに、キャスパーの実際の実装にもいくつかの変更が行われる可能性があります。元の計画がキャスパーをスマートコントラクトで導入することであったことを考慮すると変更の可能性があります。現在の計画には、シャーディングコンセプトの一部としてサイドチェーンにキャスパーを導入することが含まれているようです。

開発者が両方のソリューションを同時に起動させることができれば、理論上、イーサリアムはほとんどの人々の夢のような機能を拡張することができます。それは、主に、どのタイプのスケーリングが正確に期待できるかについては不明確なままであるため、かなりの投機的な影響を受けることになります。

シャーディングとキャスパーの両方を組み合わせることで、開発者にも利益がもたらされます。より具体的には、イーサリアムスケールを作成するためのより合理化されたアプローチは、誰もが長期的に恩恵を受けるものです。さらに、この技術を最適化し、長期的には新たな機能を追加するための、より早い将来の開発が可能になります。これらのスケーリングソリューションが最終的にどのように実装されるかにかかわらず、イーサリアムにはとても興味深い未来が待っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です