的中率97%の人工知能がスゴすぎる件

元みずほ証券マンの仮想通貨投資法とは

カテゴリー

新着エントリー

EOSのメインネットはまだ?イオス開発について

仮想通貨のEOSは世界最大のICOで注目され、40億ドル以上を集めました。6月1日に起動予定でしたが提案された開始日から5日以上経過しても、EOSブロックチェーンの完全なリリースは実際にはまだされていません。

コミュニティの立ち上げ: それはベストアイデア?

EOSの背後にあるチームであるBlock.oneは、他の多くのブロックチェーンのキックスタートとは異なり、待望のブロックチェーンを開始するためにEOSコミュニティに向けて手渡すことにしました。多くの人は、これがローンチが一週間ほど遅れた主な理由の1つであると推測しています。

しかし、EOSコミュニティの人たちは、このコミュニティがこの仮想通貨の開発プロセスで言っていたことを確認する為に行われたと考えています。 

ブロックプロデューサ(DPOS Delegate)のブログによると、EOS Mainnet Launch Group(EMLG)は「安全でシームレスなローンチ」に向けて取り組んできました。このグループの開発者とコミュニティメンバーは、開発を迅速に進めています。

EMLGは、ブロックチェーンに深刻なバグが見つからなければ、今後数日以内に正式なブロックチェーンをリリースしようとすると述べています。

このコミュニティメンバーの特定のグループは、ブロックチェーンが開始されるまでに完全に機能し、安全であることを確実にするためにノンストップで働いているようです。

「参加しているブロックプロデューサー候補の数十のチームが実行するソフトウェアテストの包括的なリストをまとめました。これらのテストは、ソフトウェアのすべての機能が期待通りに機能することを確実にすることを目的としています。

彼らはこれまでに何を達成しているのか?

前述のブログでは、EMLGチームがメインネットのEOS GitHubリポジトリを既に確立しており、コミュニティメンバーが評価してバグを確認できると述べています。同様に、EOSのERC20バージョンのすべての所有者のスナップショットが完成し、163,930のアカウントがメインネットの起動後に保持していたEOSを取得することが確認されました。

6月5日現在、EOSの主なチェーンは現在2つありますが、これはまだ動作しています。これらの2つのチェーンの代表者は現在、紛争中であり、開発者は異なるイデオロギーを持ち、最終的なリリースがどのように見えるべきかについて計画しています。

2つの異なるグループが存在する理由は、プロビジョニングブロックプロデューサ(BP)が公式打ち上げでBPの役割を確保しようとしていることです。EOSは、委任されたステークシステムの証拠に基づいて実行されます。これには21人の代表者がブロックチェーン上のトランザクションを保護し、検証するのに役立ちます。この数はわずか21に制限されており、数多くのBP候補者が独自のチェーンを作成しようとしていてもポジションが少ない為に争います。 一部のデリゲートは、別のデリゲートにそれを作っている間、1つのチェーン上で作ることは出来ません。21のBPの探求されたリストに自分自身をスポットする方法を見つけることが最も興味がある事なのです。

2つのグループの間の紛争にもかかわらず、それぞれのブロックチェーンの両方が完全にテストされ、監査されてこれらのコードリポジトリのすべての側面が気密であることが保証されます。EOSコミュニティの多くのメンバーは、この一時的な混乱が、より良いブロックチェーンを作成するための共同作業につながる可能性があると考えています。

EOS Rioの広報担当者は次のように述べています。

「結果にかかわらず、チェーンはテストされており、ベストプラクティスが発見されています。これは本当に美しいプロセスであり、我々はそれについて非常に満足しています。

現時点では、2つのチェーンの間の開発の正確な状態がどのようなものかは不明です。しかし、EOSコミュニティの多くのメンバーはネイティブブロックチェーンの立ち上げを待っています。

画像 : image from : https://coindigo.io/coin-reviews/eos-crypto-coin-review-a-scalable-blockchain-platform/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です