仮想通貨のEOS(イオス)がアプリケーション開発を容易にするツール「Demux」を発表!価格はどうなる?

仮想通貨EOSのチームは新しいオープンソース開発ツール「Demux」の追加を発表しました。





その目的は、従来のデータベース管理システムに簡単なブリッジを提供することにより、 分散アプリケーション(dApp)の作成をはるかに簡単にすること です。

このツールは、FacebookのFlux Architectureや、JavaScriptアプリケーション用の状態コンテナであるReduxからインスピレーションを受けているようです。

Demuxの実用的な利点は、MongoまたはPostgres SQLデータベースにブロックチェーンイベントを自動的に(そして検証可能に)更新できるようにすることです。

これによりデータベースの扱いがより簡単になります。

このような機能は、従来のコーディングでは基本的なもののように聞こえるかもしれませんが、ブロックチェーンノードで動作させる場合、状況はまったく異なります。




イオス(EOS)の発表によれば、従来のインターフェースはかなり限定されていました。

これは、1つのより複雑なクエリではなく、複数の単純なクエリを必要とするという悪影響をもたらしました。

これは、スケーリングが要因である場合、大きな問題です。

すごく簡単にざっくり説明すると「EOSアプリケーションはこの機能を使って開発しやすくなります」ということです。

中国情報産業発展センター(CCID)が7月の仮想通貨プロジェクトランキングでEOSプロジェクトを第1位にした主な理由です。

しかし、仮想通貨イオス(EOS)の価格はここ1週間下落しています。

この発表はEOSの価格に大きな影響を与えませんでしたが、これは技術的な特徴であり、将来的にその影響があると思われます。

こちらの記事もオススメです^_^

仮想通貨のトロン(TRX)プロジェクトがバーチャルマシンを起動し、「シークレットプロジェクト」を公開

2018.07.30

スイス証券取引所が仮想通貨取引を開始する!2019年にSIX Digital Exchangeが始動!

2018.07.07