仮想通貨のエンジンコイン(ENJ)のCTOがイーサリアム用の新しいビデオゲームトークンERC-1155を作成

Enjin Coinの共同設立者でCTOであるWitek Radomski氏は、イーサリアムブロックチェーン上にビデオゲームトークンを定義する新しい標準であるERC-1155を開発しました。





Radomski氏のゲーム体験を改善する道のりは今から1年前、最初の非代替トークンのコードを作成した2017年6月に始まりました。

2ヵ月後にGitHubでリリースされ、ブロックチェーンベースのゲームとデジタルアートの標準と広くみなされているERC-721トークンが作成されました。

いくつかの分散アプリケーション(DApps)は、ERC-721をプラットフォームに実装して、幅広いゲームを作成しています。

残念ながら、ERC-721にはいくつかの制限があり、Radomski氏は標準を次のレベルに引き上げる必要があると思っていました。

「現在使用されている交換不可能なトークンは、ユーザーが所有する仮想アイテムの新しいクラスを定義しています。しかし、既存のトークンモデルには多くの問題があります。主流のゲーム開発者が使用する大きなデータベースのアイテムを展開するのは非常に高価で、非効率的です。」

Radomski氏は、新しいERC-1155プロトコルにより、無限の数の代替品と非代替品の両方を単一の契約で展開できることをブログ記事で説明しています。これはまた、軽量で、ほとんどのネットワークで処理するのが容易です。

「これが始まると、ゲーム業界だけで何千万もの新しいアイテムが必要になるだろうが、この標準の適用は決してゲーム市場に限定されない」

とコメントしました。

ERC-1155トークンについて





ERC-1155トークンを使用して、有形またはデジタルの所有権をすべて証明することができます。

以前は、個々のトークンは単一の契約によって定義されていました。さらに、ゲームプレイヤー間のアイテム交換には、イーサリアムのネットワークが各取引アイテムを個別に承認して処理するため、多くの場合4つの別々のステップが必要になります。ERC-1155は、複数のアイテムをまとめてグループ化することで、スワップ間の待ち時間を短縮できるため、一度に複数の取引が発生し、1回の4ステッププロセスを2ステップに削減できます。これにより、イーサリアムブロックチェーンの輻輳とガスコストの両方が削減されます。

ERC-721トークンの導入に先立って、ERC20トークンはゲームで主に使用されましたが、通貨として使用するために数百万人が製造されたため、後で非効率的と見なされました。各トークンは実質的に同一であり、それぞれが繰り返しデータを含むことを意味していました。任意のコインに起源、歴史、または身元を追加することができませんでした。

ERC-721トークンを使用すると、ユニークでユニークなコインを作成できますが、ERC-1155は、ERC20とERC-721の両方を組み合わせることで、ゲーム開発者に特定の種類の複製することができない独自のメタデータを構築することができます。

ERC-1155はイーサリアムのGitHubにディスカッションスレッドとして投稿されました。エグゼクティブは、ユーザーからのフィードバックを「プルリクエスト」として提出する前に探しています。

Engin(ENJ)とは?

Enjinは、2009年に設立され、シンガポールに駐在しているエンジニアリング・コインとEnjinネットワークの2つのコア製品を誇るゲーム会社です。

仮想通貨のEnjin Coin(ENJ)はブロックチェーンゲームと暗号化通信を開発するために設計され、後者は最大2,000万人のユーザーに対応するゲーム中心のコンテンツ管理システム(CMS)と電子商取引プラットフォームです。

新しい技術が次々と出てきますね。個人的にゲームは大好きなのでERC-1155は注目したいです。あなたはERC-1155についてどのような可能性を感じますか?SNSで記事を共有して、あなたの意見を聞かせてください^_^