エニグマ(ENG)がインテルと提携することを発表!仮想通貨プロジェクトのEnigmaはこれからどうなる!?

エニグマ(ENG)インテルとのパートナーシップを発表

エニグマチームはインテルの技術を研究開発するためにパートナーシップを発表しました。

エニグマはスケーラブルでエンドツーエンドの分散アプリケーション(DApps)のための最初のプラットフォームを作成しようとしており、同社はこれが簡単な作業ではないことを認めています。

このパートナーシップは、優れたチームを作り、Enigmaテクノロジーを作成するための適切なパートナーを見つけるための大きな第一歩だと言えるでしょう。

エニグマ(ENG)が使用するIntel SGX とは?

この発表されたパートナーシップの一環として、エニグマは近い将来に新しいソフトウェア技術を創造する鍵となるIntel Software Guard Extensions(SGX)を使用します。

Software Guard Extensions(SGX)を使用して、計算中にデータを保護することができます。

目的の1つは、データを保護するために使用できるソリューションを作成し、このデータをスケーラブルで使いやすいものにするということです。

様々な仮想通貨プロジェクトの問題点

エニグマの創設者兼CEOのZyskind氏は、「両社ともブロックチェーン企業が直面しているプライバシー、セキュリティ、およびスケーラビリティの課題を解決しようとしている」と指摘しています。

エニグマの広報担当者は「現在の(仮想通貨プロジェクトの)プライバシーは、スマートコントラクト採用が最大の障壁であり、ブロックチェーンに関しては良いが、プライバシーに関する設計はよくない。スマートコントラクトや分散型アプリケーションでは、個人的な機密性の高いデータを使用する。」と指摘しています。

これからのEnigma(ENG)

Enigmaはインテルなどの業界パートナーと協力してプロトコルとSGXをサポートするアプリケーションを開発し、2018年の後半にこれら2つのテクノロジを組み合わせようとする実証を開始します。

両チームとも、データとコードを証券化するインテルのSGXテクノロジーの不可欠な部分である信頼できる実行環境(TEE)への研究開発を行っています。

エニグマはロードマップに従って、2018年の第1四半期と第2四半期にテストネットとメインネットを開始する予定です。

ここでインテルとのパートナーシップを発表はいいタイミングですね!

これからの仮想通貨のエニグマ( ENG )の価格にも期待したいです。

画像 : https://blog.enigma.co/announcing-enigmas-collaboration-with-intel-43bbf73a86a7