シンガポールの仮想通貨取引所がTOMOとPALを追加!Cryptologyとは?

シンガポールの仮想通貨取引所(Cryptology Exchange)は、金曜日からERC20トークン「TomoChain(TOMO)」と「PolicyPal Network(PAL)」を入金可能と発表しました。





TOMO / ETH、TOMO / BTC、PAL / ETH、PAL / BTCとなるとして、同社は声明の中で、トークンの引き出しと取引を8月21日(火曜日)から開始すると述べました。

Cryptology CMOのHerbert Sim氏は

「今後数カ月間に、より多くのトレードペアを追加し、さらに多くのトークンのリストを発表する」と語りました。

今月初め、その仮想通貨取引所は、取引手数料を

0.02%となり、仮想通貨取引所の中で最も低い金利を提供しています。

現在、Cryptologyは、同社の研究部門であるCryptology Labによる評価手順に合格した後、そのプラットフォーム上で無料でプロジェクトリストを提供しています。

シム氏は、仮想通貨取引所の大半はサービスの多様化と新製品の発売過程にあると指摘しました。

「Cryptologyでは、私たちのアプローチは異なります。

典型的な暗号と暗号のやりとりとは異なり、私たちはトークンの購入プロセスを簡素化するよう努めています。

これを実現するために、我々は、トークンと金銭預金と取引の両方をサポートするワンストップ・エクスチェンジを提供しています。」

Tomochainは、Cryptologyのプラットフォームを利用することで、Cryptologyプラットフォームを通じた直接的な仮想通貨取引を提供しながら、自社が欧州市場への参入を可能にすると付け加えました。




PolicyPal Networkの創設者兼CEOであるVal Ji-hsuan Yap氏は、セキュリティは仮想通貨取引所で主に求めている要因の1つであるとコメントしました。

同氏は、Cryptologyが、同社が求めている種類のサービスを提供する取引所の1つであると確信しています。

新しい仮想通貨取引所は、Google PlayとApp Storeを使用してモバイルアプリとウェブ版の両方で操作することができます。

ユーザーは、VisaまたはMastercardsを使用して、Cryptologyプラットフォーム上にfiatを入金して取引を開始することもできます。

このサービスは、当初はヨーロッパで利用可能でしたが、今後数ヶ月で世界的に展開する予定です。

いつもSNSで記事を共有及び拡散していただき、ありがとうございます!

ちらの記事もオススメです^_^

中国版LINEのWeChatが企業の払い戻しのためのブロックチェーン技術をテストしている

2018.08.11