仮想通貨の特定のICOは有価証券として分類されるとSECが名言

株式の価値に影響を与えるベンチャーへの投資として使用される通貨は、SEC の管轄権に従って有価証券として分類されます。

米国の証券取引委員会 (SEC) はICOは、有価証券として扱われる必要があると考えておりICO の市場を監視しています。最新のCNBC のインタビューの中で、SECチーフ ジェイクレイトンは、SECが ICOについて「これらのトークンの販売は、規制法に従わなければならない」と言いました。

クレイトンはこう言いました。

 

あなたは、ICOトークンを持っている場合、それを販売したい場合は、ルールに従ってください。もしあなたがトークンで IPO をしたいなら、私たちに会いに来て財務諸表などのファイルの開示してください。

インタビューの中で、クレイトンはまた、ブロックチェーンベースのトークンが監視対象かどうかを判断しながらSECが探るであろう特性のタイプについて話しました。クレイトンは、任意の通貨は、ベンチャーへの投資として使用されるトークンの値に影響を与える有価証券として分類されるため、SEC の管轄権の範囲に該当すると述べました。

しかし、現在取引を行うために使用されているビットコインについての立場について尋ねられると、クレイトンは SEC 規制に含まれないと述べました。

 

「仮想通貨は主権通貨のための取り替え、ドル、ユーロ、円をビットコインと取り替える。通貨のそのタイプは、監視対象ではない。

クレイトンはICOとBitcoinの立場を明確にしたが、彼はイーサリアムのような他のアルトコインが有価証券として扱われるかどうかについてはコメントすることを断りました。SEC が有価証券として少数のオルトコインを考慮する可能性についての議論や交渉がこれまでずっとあります。

クレイトンは、「基礎となる資産やプロジェクトの価値を表すものは引き続き監視対象と考えられる」とセキュリティの定義に言及しました。しかし、彼はトークンを売却することによって開始したイーサリアムのようなプロジェクトの規制のためのセットの答えは明確に言いませんでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です