仮想通貨取引所のOKCoinが大胆なアメリカ展開を開始

今年初めにカリフォルニアでの成功を収めた後、仮想通貨取引所OKCoinはトークントレードサービスをさらに20のアメリカの州に拡大しました。





同社はアラスカ、アリゾナ、コロラド州、アイダホ州、イリノイ州、インディアナ州、カンザス州、メイン州、メリーランド、マサチューセッツ、ミシガン、ミネソタ、ミズーリ、モンタナ、ネバダ、ニュージャージー州、テネシー州、テキサス州、ユタ州、ウィスコンシン州に展開しました。

これらの州の投資家は、OKCoinの仮想通貨の取引サービスにアクセスすることができます。

カリフォルニア州の顧客は、米ドルとの直接取引が可能です。

他国に拡張するために、送金ライセンス(MTL)を申請したことを明らかにしました。

規制当局はこれまで要求の一部のみを承認しています。

OKCoinは地方自治体との協力関係に関して、連邦と州の法律の両方を遵守していることに留意しました。

OKCoinのティム・ブインCEOは言いました。

「仮想通貨市場が最大限の可能性を発揮するためには、OKCoinのような取引所は、米国の規制枠組みの複雑さの中で勤勉に働いてきました。

長期にわたる規制を遵守しながら真にグローバルな仮想通貨市場を妨げる障壁を打ち破ることを目指しているため、この大きな一歩を踏み出すことができたことを大変うれしく思っています」





この拡張の発表は、OKCoinの創設者であり、関連会社の仮想通貨取引所OKexであるスター氏がスキャムコインWFEE Coinとの関係に関して拘束されたのと同じ週です。

詐欺の疑惑を否定し、スター氏は24時間後に解放されました。

OKCoinは、2017年9月の政府の仮想通貨の規制やICO(Initial Coin Offerings)の禁止に先立ち、中国の3大証券取引所の1つでした。

敵対的なビジネス環境から逃れて以来、同社は海外に事業を移しています。

仮想通貨取引所のHuobiも最近サンフランシスコベースのパートナーHBUSを通じてアメリカでの仮想通貨取引サービスを設立しています。

いつも記事をSNSで共有及び拡散していただき、ありがとうございます!

こちらの記事もオススメです^_^

オントロジー[ONT]はブロックチェーンの開発者をチームに招待

2018.08.31

リップル(XRP)Fiatペアをサポートしているカナダの仮想通貨取引所がヨーロッパへ参入!

2018.08.25