仮想通貨が金融市場に与える影響を調査する専門医委員会がニューヨークで設置される!

ニューヨーク州で金融市場を監視する専門委員会が設置される

先週、ニューヨーク州当局は、タスクフォースの確立を目指す法案を進めていくということが決まりました。法案自体が成立すれば、9人の特別委員会が結成されます。立法府の下では、来年12月まで、知事、常任理事、議長に直接報告する義務があります。

ニューヨーク州では、地方の金融市場に仮想通貨の影響を研究する特別委員会の立ち上げを検討しています。このイニシアチブは、当局に、仮想通貨とブロックチェーンの使用が国家に与える影響に関する必要な情報を当局に提供するために作成されています。

このタスクフォースは、利用可能な暗号通貨や取引されている仮想通貨取引所、月あたりの平均取引量を含む、州の暗号市場を検査します。この機関は特に、州と地方の税務プロセスへの金融技術の影響に焦点を当てます。

アメリカでは、証券取引委員会(SEC)によって貿易コインに関連する詐欺や詐欺の問題に関する多くの調査が最近行われました。さらに、Fintech業界の最大手のCoinbase、Gemini、Binanceを含む、州で動作する13の仮想通貨取引所が4月にニューヨーク州検事総長室からアンケートを受けました。

色々と制度等状況が変わってきていますね。

まだまだ仮想通貨市場を取り巻く環境は整っているとは言えませんが、これからが楽しみです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です