ビットフライヤーが新規受け入れ停止!金融庁の仮想通貨取引所に対する業務改善命令

金融庁が動いた!bitFlyerと他の仮想通貨取引所に対して業務改善命令。



日本の金融庁が国内のすべての仮想通貨取引所を監視していることが明らかになりました。いかなる不正行為も迅速に指摘され、それに応じて問題を解決する必要があります。今週末には、様々な登録措置が行政上の制裁に直面するでしょう。

日本の金融庁は厳しい行動に出る

日本がビットコインと他の仮想通貨(アルトコイン)を合法化することを決めて以来、政府はすべてのサービスプロバイダーを積極的に監視してきました。

この作業は、国内の金融庁によって監督されます。過去数ヶ月の間に、金融庁は、取引所にライセンスの取得を強制することから、取引所を完全に停止することに至る、いくつかの大きな変更を導入しました。

これらの変更はすべて長期的には肯定的な結果をもたらすでしょう。

しかし、この場合、様々な取引所が金融庁によって行なわれる行政措置に直面することになります。

世界的にもトップクラスで日本最大の取引所のbitFlyerなどの企業も含まれます。

金融庁は適切な内部統制システムを導入していない仮想通貨取引所を罰するようです。

なぜ、金融庁が2017年4月以来このようなコンプライアンスを求めていると考えているのか、ということを考えると、いくつかの企業が従わない理由は不明です。すべての企業には十分な時間が与えられていましたが。

仮想通貨業界を健全にする為のステップ

これはバッドニュースではなく、日本の仮想通貨業界をより健全かつ正当なものにするためのもう一つのステップだも私は捉えています。

業務改善命令を受けた取引所の企業は金銭的に一時的なマイナスを引き起こす可能性はあるものの、長期的には良いことだと思います。

また、日本の金融庁が仮想通貨取引所に対して行政上の措置を講じたのは初めてではありません。

同機関は今年初めにCoincheckがハッキングされて以来、複数回の処置を行ってきました。

Tech BureauのZaifとGMO Coinはどちらも「業務改善命令」を受けています。
基本的な措置およびガイドラインに準拠していない取引所の事業者は、それに応じて処罰する必要があります。

金融庁が前向きに監視しているということは良いこと長い目で見ればこの仮想通貨業界にとっていいことでしょう。