仮想通貨によって影響を受けた又は影響をこれから受ける5つの業界とは?

ブロックチェーンテクノロジーを支持する主要な理由は、仮想通貨を使用して取引やコミュニケーションを促進することができるため、世界中の主要産業に革命的な役割を果たすことです。





仮想通貨やブロックチェーンの可能性を考えると非常に楽しみですが、今日の新興技術の利用は同様に重要です。

すでに5つの業界が仮想通貨を使用していることで良い影響を受けています。

チャリティー

仮想通貨コミュニティのメンバーは、税金を逃れ、抜け穴を利用することによって新たな富を抱くことに関して論争の激しい評判をされていますが、この界隈のいくつかのイニシアチブは、コミュニティの多くのメンバーが実際にかなり慈善的であることを証明しています。

2017年末に多数の慈善団体に5500万ドルを拠出したパイナップル基金が、おそらく最も多岐にわたる例です。

また、災害や危機に対応して、仮想通貨での寄付が増えています。

他の慈善団体の取り組みには、鉱業による慈善事業の利用が含まれています。

ユニセフはエテリアムのマイニングをする人、いわゆるマイナーと接触し、ドナーはETHをユニセフに送るプールのクライアントと交渉することができました。

GNationのワンクリックマイニングエコシステムのような他のマイニングクライアントも、ユーザーがマイニングのアウトプットの一部をさまざまな慈善団体に寄付する方法を組み込むよう取り組んでいます。



フリーランス

バーチャルジョブ市場と仮想通貨は理にかなっています。

仮想通貨に先立つ仮想作業の本質は、これらのタイプの作業合意を否定する多くの不安と非効率性があったため、フリー・ライセンス契約とマイクロタスク作業がほとんど同意できませんでした。

しかし、仮想通貨の簡単な国境を越えた匿名の支払い機能、コミュニティの信頼ネットワーク、スマートコントラクトのエスクローでは、どのような規模のオンライン作業もあらゆる規模で可能です。

数多くの企業のマイクロタスクを完了することによってユーザーが大きな賃金を稼ぐのは、基本的に仮想通貨の蔓延によって生まれました。



ダークマーケット

良いか悪いかにかかわらず、暗号トラヒックはブラックマーケット取引で重要な役割を果たします。

ビットコインのような大部分の暗号化通信は、トランザクションの透過的で不変な性質のために決して悪いものではありませんが、Moneroのようなプライバシーコインは、売り手と買い手にとって最も安全な選択肢です。

Moneroでは、アドレス、トランザクション、ブロックなどは不透明です。Moneroネットワークでは、ウォレットの残高や活動を見ることはできません。

しかし、ブラックマーケットの活動は、主語を話すときに典型的に思い浮かぶ薬や武器を超えて広がっています。

ブラックマーケットでの仮想通貨の使用は、ベネズエラのような経済において、実際にはより顕著である。

なぜなら、仮想通貨は、国の失敗した法定通貨の外で、抑圧的な政権の範囲外で取引する方法として、通常は不可能な食料安全保障規制された市場を通じるからです。



財務

仮想通貨は、銀行や金融機関に対してグローバル市民を武器にするツールとしてビットコインによって初めて導入されました。

金融業界の本質を念頭に置いて、これは遠すぎるようには見えません。

中央データベースではなく、ブロックチェーンネットワーク上でレコードの保管と処理を実行する機関は、エネルギーコストを指数関数的に節約することができます。

例えば、リップルのRippleNetの参加者は、国境を越えた支払いで最大97%の節約を見ることができます。

ブロックチェーンを探索しないことを選択した業界の企業は、本質的に自分で自分の首をしめるようにみえます。

しかし、JPモルガン、バンク・オブ・アメリカ、およびマスターカードなどの業界のリーダーは、すべて仮想通貨において積極的な役割を果たしており、これらの企業によるブロックチェーンの採用がますます増えていくことを示唆しています。



Eコマース

電子商取引は、仮想通貨のための最初の、おそらく最も多用されるユースケースです。

ビットコインの初期から、仮想通貨は、オンラインアカウントや購読、ゲーム通貨、ソフトウェアキーなどのマイクロペイメントのように、以前は不可能だった方法で個人が電子商取引に参加できるようにしました。

仮想通貨が成長するにつれて、電子商取引にも採用されています。

Overstock、WordPress、Neweggなど、数多くの主要な電子商取引ビジネスは、長年にわたってビットコインやその他の仮想通貨を受け入れてきました。

今日では、仮想通貨を使って何かをオンラインで購入することができます。

こちらの記事もオススメです^_^

トロン(TRX)という仮想通貨は世界中と取引所から支援を受け価格が高騰する準備は出来ている!?

2018.07.13

仮想通貨取引所のOKCoinがアメリカでサービスを開始!取扱う5つの暗号通貨とは?

2018.07.12