コインベースとWeGiftとの提携により、暗号化されたデジタルギフトカードを顧客に提供

コインベースはeギフトカード購入サービスとの提携を発表しました。





ヨーロッパとオーストラリアのプラットフォームを使用するユーザーは、さまざまな小売店で交換残高を使用するバウチャー(各種サービスの利用券等)を購入することができます。

暗号ベースの使いやすさを追求するCoinbase





Coinbaseは電子ギフトカードサプライヤWeGiftと提携する予定です。

この契約により、暗号仲介プラットフォームのEUおよびオーストラリアのユーザーは、多数の異なる小売業者でe-ギフトカードを購入することができます。

Tesco、Google Play、Nikeなどがあります。

有力な暗号会社は、ヨーロッパオペレーションの最高経営責任者(CEO)が投稿したブログを通じて、ギフトカードイニシアチブを発表しました。

Zeeshan Feroz氏の声明では、新しいパートナーシップと、ユーザーがWeGiftで取引する際に経験する特典の概要を説明しました。

まず、コインベースを使用して購入したeギフトカードには、引き出し手数料ゼロのメリットがあります。

これに加えて、バイヤーは小売業者に費やすために追加の資金を受け取るでしょう。

1つの例は、コインベース残高を使用して購入したギフトカードに6%のボーナスを提供しているナイキです。

100ユーロの購入には106ユーロのギフトカードが贈られます。

この記事自体はイギリスの暗号証券会社のブログに掲載されました。

記事によると、eギフトカードイニシアチブは、世界中の暗号機能を改善するための広範な企業戦略の一環です。

WeGiftによって提供されるサービスを使用することで、ユーザーは仮想通貨を具体的なアイテムに変えながら、ほとんどの交換プラットフォームに共通する料金を回避しながら、プロセスを合理化することができます。



「仮想通貨を使いやすくし、貿易と消費をより簡単にすることは、顧客体験を改善するための我々の努力の中核部分です。

e-ギフトカードが発売されたことで、顧客は暗号残高を使い、価値あるものや経験を買う価値を実現することができるようになりました。」

現在、コインベースの残高を使用してeギフトカードを購入することは、スペイン、フランス、イタリア、オランダ、英国、オーストラリアに限られています。

しかし、今後数ヶ月で利用可能な市場の数を増やす計画があります。

コインベースは今年、暗号の機能性とインフラストラクチャを改善するために大きな進歩を遂げています。

WeGiftとの提携に加えて、コインベースは機関投資家に暗号暗号化へのアクセスを容易にするよう努めてきました。

これには、Coinbase Coatody、Coinbase Markets、Coinbase Institutional Coverage Group、Coinbase Primeのリリースが含まれます。

こちらの記事もオススメです^_^

仮想通貨エイダ(ADA)、カルダノのCEOが語る最新のプロジェクトとは?

2018.07.24

仮想通貨のTRX(トロン)がChangellyに上場!価格が上がる為のステップ?

2018.07.23