Coinbaseが日本進出!世界最大級の仮想通貨取引所が日本と手を組んだ!

仮想通貨取引所は現在、日本の金融庁と「手をつないで働く」法律に準拠しています。「米国において規制され、準拠する暗号会社として、日本の新しい顧客と同レベルの信頼を築くことに注力する」と Coinbase は述べた。Coinbase 日本の新 CEO、北沢氏は、以前は日本で自動化された投資アドバイスのプラットフォームを形成した会社のマネーデザインの COO だった。また、以前はモルガン・スタンレー・ジャパンの投資銀行家であり、不動産業界での合併・買収を担当していました。また、ニューヨークと日本の金融と不動産に関する事例を含む国際法律事務所で数年を過ごしました。現在は日本 FinTech 協会の理事を務めており、FinTech 空間の国際的リーダーとして考えられています。発表によると、北沢氏は仮想通貨業界に強い情熱を持っている。Coinbase は、彼の財政の背景と暗号通貨に関する好奇心がコインベース日本への進出はコインベースにとって最大のグローバル市場になるのに役立つと考えています。

オンライン暗号通貨コミュニティは、日本のロールアウトに感銘

オンライン cryptocurrency コミュニティは日本市場への Coinbase の参入に興奮しています。

ユーザー FatGreekは、「これは本当に本当に良いニュースだと述べた。私が日本の市場について知っていることから、彼らは特にマウントゴックスだけでなく、Coincheck の後に取引所を警戒している。日本は Coinbase デックスをテストするための完璧な市場です。これは良いニュースだ。

 

Coinbase は、新しい市場を追求するために素早く動く

Coinbase は日本で急速に拡大しているだけではない。2018年5月23日、Coinbase は、企業が直接お互いに暗号通貨を交換することができるプラットフォームParadexを買収していた。

5月初めには、Coinbase も機関投資家を対象とした4つの新製品を販売した。これらの製品は、Coinbase の親権、Coinbase 市場、Coinbase カバレッジグループと Coinbase プライムが含まれている。

Coinbase はレギュレータとの作業で積極的に努力してきました。Canaccord Genuity のリサーチ・アソシエイトであるスコット氏は、「技術面と規制上の観点からも、トークンをサポートするための土台を築いているように思える」と説明した。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です