中国の銀行でブロックチェーンを使用したブラックリスト顧客情報共有システムが開発される

銀行の信用履歴の悪いブラックリストの顧客情報を共有するブロックチェーンが中国で使用される

世界の政府機関と非政府機関はブロックチェーン技術を検討し始めています。小売業界の巨大なSuningは、信用履歴の悪い顧客を記録するためのブロックチェーンベースのプログラムを開発しています。

地元の新聞Sina Finance、Suning Bankが6月14日に発表した報告書によると、 借り手を分散元帳データベースにあるブラックリストに載せるフィンテックプログラムが作成されました。

金融技術に基づくイニシアチブは、信用詐欺を防止し、銀行間の協力関係を強化するために努力されています。

このようなシステムでは、各組織は、Suning Bankによって作成された元の最初のブラックリストにアクセスできるブロックチェーンのノードになります。このことから、各ノードが自身のデータをさらにリストに追加できます。

Suning Bankとは

Suning Bankは、2017年に民間企業グループによって設立されたことで、中国初のオンラインオフライン商業銀行の1つになりました。主に中小企業への貸付を目的として設立されました。

2017年9月、蘇寧銀行は、民間銀行のCITICとMinshengによって設立された別のブロックチェーンパワードコンソーシアムのメンバーになりました。

このプロジェクトは、国内信用状の取引を記録するためのブロックチェーン技術を利用しています。3月にCITICが発表した年次財務諸表によれば 、ベンチャー企業は既に取引を円滑に進めており、総額1億5600万ドルの利益を上げています。

ブロックチェーンという革命的な技術を仮想通貨だけでなく、様々な用途で色んな国が活用しだしていますね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です