モバイル動画アプリのCheezがユーザー報酬システムで仮想通貨を採用!

モバイル動画アプリのCheezは、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)Contentosトークン(COS)をそのサービスに統合するために、Contentosと提携しました。





モバイルビデオアプリケーションCheezはブロックチェーンのコンテンツプラットフォームContentosと協力して、仮想通貨ボーナスの仕組みを開発した、とCheez は水曜日に発表しました。

ショートビデオプラットフォームにはビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ContentosのトークンCOSが統合されています。

Cheezのユーザーは、ビデオクリップを視聴したりアップロードしたり、アプリ内ゲームをプレイしたり、コンテンツ作成者に直接メッセージを送信したりするなど、さまざまなアクションを完了すれば、仮想通貨を獲得することができます。

仮想通貨の量は、1日でBTC 0.00024またはETH 0.00352か公開時点でビットコイン報酬で約1.56ドル、イーサリアム報酬で約1.28ドルだったので、仮想通貨の量は比較的少ないです。

Cheezのコミュニティメンバーは、3つ、6つ、10つの完了したタスクごとに、2つの最大の仮想通貨でボーナスを請求することができます。

ユーザーは、Cheezの組み込みデジタルウォレットからBTCとETHのを他の仮想通貨ウォレットや取引所に送金することができます。

Contentosとは





Contentosはブロックチェーンをベースにした会社で、主流のプラットフォームよりもコンテンツ制作者にとってより均等な収益体系を持つと主張しています。

Cheezとのパートナーシップは、スタートアップにとって最初の重要な取引です。

協力の一環として、Cheezでは、顧客はBTCまたはETHボーナスの代わりにCOSトークン報酬を選択することができます。

しかし、現在、COSはどこの仮想通貨取引所にも上場されていないため、実際の価値はありません。

したがって、ユーザーは有料のオプション機能にトークンを利用したり、COSの取引所上場を待つことができます。

最大17秒の短い動画をターゲットにしているCheezは、Google PlayとApp Storeから約500万ダウンロードをダウンロードしています。

市場の主なライバルはYouTubeです。

これはGoogle Playのダウンロード数が10億を超えていますが、Android端末の基本パッケージの一部であるため、ユーザーベースは大幅に拡大しています。

Cheezは「ブロックチェーンと仮想通貨は将来の世界経済を改革し、人々が相互に関わって取引する方法は変わっていませんが、業界はまだ大衆に採用されていません。

一般的な消費者が仮想通貨経済に参加する機会はほとんどなく、現実世界のブロックチェーン技術の適用もほとんどないという事実に、挑戦の一部がある」と付け加えました。

いつも記事をシェア、拡散して頂きありがとうございます。こちらの記事もオススメです^_^

テレビを見ながらビットコインをゲット!マイニングTVを中国企業が発表

2018.08.07