ビットコイン決済を500の店で採用したスロベニアはBTCシティーを目指す

スロベニアの475000平方メートルのショッピングとビジネスセンターは、同国の金融市場で最大のビットコインのハブをホストします。金融技術のスタートアップである Eligma は、モール内のすべてのショップが BTC を使用して支払いを行うことが出来るようにするために、「Elipay」と呼ばれる仮想通貨のトランザクションシステムを設計するよう求められました。

同社は当初、倉庫として1954に設立されました。それにもかかわらず、その領土に位置する約500のベンチャー企業と ビットコインシティーの名の下に大規模なショッピング関連チームとなりました。今 Eligma チームは、統一されたオンラインプラットフォームにこの巨大な商業プロジェクトを有効にする予定です。これは、彼らが在庫のすべての項目を維持し、大規模な店舗の代わりにショールームを必要とする小売業者の所有コストを削減すると考えられています。

スロベニアの最大級のショッピングモールは、’ 本物のビットコインシティーになります。モール内のすべての500のお店は、支払いオプションとしてビットコインが使えるようになります。

6月中旬に新しい fintech がテスト配置されたことで、ビットコインシティーの多くの小売店がこのシステムを今すでに使い始めています。たとえば、アトランティスウォーターパーク、アルカポネ、Babadu、Minicity、およびいくつかの他のベンチャーは、支払いオプションとして、デジタル通貨、すなわちビットコインを採用しています。

これは、スロベニアの首相は5月25日には、仮想通貨とブロックチェーンに専念していたビヨンド4.0 国際会議の開会式中にBTCシティーによって言及する価値があると。

彼の滞在中に、彼は Elipay の暗号決済システムを使ってレストランでコーヒーのカップを買った。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です