ビットコインの価格は操作されてバブルは意図的に作られた。テザー(USDT)の闇

テキサス大学のジョン・グリフィン(John Griffin)財務教授と大学院生のアミンシャムス(Amin Shams)は、「Bitcoin Really Un-Tethered?」と題した研究調査により、2017年にピーク時に仮想通貨が人為的に価格を上げたことが明らかになりましたほぼ20,000ドルの最高記録を達成しました。

著者らは、隠密な行動が、ビットコインだけでなく、他の人気のある仮想通貨の価格を引き上げられた可能性があると示唆しています。

2018年6月13日に出版されたこの論文は、2017年のビットコインの高騰が、「クジラ」として知られている重要な利害関係者の秘密慣行に関連していたかどうかを疑問視しています。

BitfinexとTetherの疑わしい活動

2017年、Bitfinexが人為的にプライマリー仮想通貨の価格を促進すると主張した後に、ビットコインの上昇は仮想通貨投資家によって疑問を呈した。

同社は、2018年1月にBTCManagerによって報告されたように、米商品先物取引委員会(CFTC)によってテザーと共に悪名高い召喚状を受けた。

テザーが3,000万ドルを超えてハッキングされた後、5,000万ドルのテザー(USDT)を創出した後、召喚状が発布された。stablecoin社は、リリース前にセキュリティプロトコルを導入しておらず、すべてのUSDTが不特定の場所に相当する米ドルの預金によって裏付けされていると述べた後に、より広範な仮想通貨コミュニティの懐疑論に加わった。

調査結果

この研究論文ではテザーのトランザクションは、ビットコイン価格が50%上昇し、他の暗号通貨の価格の64%上昇するということに関係していると主張しています。

Griffinは以前金融市場の詐欺に注意を払い、Bitfinexのデジタルトークンのインバウンドとアウトバウンドのフローが取引パターンと密接に類似していることを観察しました。これは、研究者がBitfinexが意図的に仮想通貨の価格を「調整された」方法で動かしていたと考えていることにつながりました。

グリフィンはブルームバーグとのインタビューで語っています。

「私は多くの市場を見てきました。市場に詐欺や操作があると、データにトラックが残る可能性があります。ここのデータのトラックは、操作の仮説と非常に一致しています。」

グリフィンは1年以上のパターンを観察しました。彼は最初、オーダーフローの非対称性に気付きました。ビットコインの価格が下がる瞬間に増加する傾向のある「テザーの買い注文」に反映されました。

Griffinは、Bitfinexで働く誰かが、Bitfinexの所有者が作成して販売しているテザーを使用して仮想通貨を購入し、市場を見事に操作すると結論づけました。

しかしBitfinexは、同社はいかなる操作もしていないと主張しているが、まだこの研究についてコメントしているわけではありません。

画像元 flicker : Vip Crypto Signals


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です