仮想通貨の発行には否定的な韓国中央銀行「コストとリスクの問題」

韓国中央銀行は仮想通貨発行に否定的なコメント

韓国銀行(BOK)は、「モラルハザード」が発生する可能性があるため、中央銀行デジタル通貨(CBDC)を作成することに対する否定的な態度を示しています。

仮想通貨発行や管理コストと様々なリスクを懸念

金融機関はまた、仮想通貨の発行に関連するコストを懸念しているようです。

中央銀行の経済研究所のKwon Ohikは

「我々は、通貨としての仮想通貨の実現の可能性を検討しました。

しかし仮想通貨というものを私たちは、信用、流動性および法的管理に関連するさまざまなリスクにさらされているということをかんがえています。」

また彼は加えてこう言いました。

仮想通貨はお金として機能しません。

韓国中央銀行は6月18日の韓国タイムズ紙の報道

金融市場の金融政策の変更に関連して多くの問題が発生するため、暗号通貨を発行する意思はない。

その上、公開市場操作に対する銀行の影響も懸念されます。韓国は韓国での貨幣発行プロセスを支配する権力を持つ単一の権威とみなされており、この権力を秘密企業と共有しようとする意図はない。

と答えました。

技術や枠組みは否定はしない

しかし、銀行規制当局は、現在の金融枠組みを大幅に変更する可能性のある金融技術の可能性を拒否していません。

仮想通貨のような新しいfintechの動向は実際のローンチ前に何度もテストする必要があることを認めています。

最終的に仮想通貨が発行される場合、中央銀行は仮想通貨市場を規制する必要があります。

とにかく今は仮想通貨の発行者に課税を義務を課してトークンを裏付けしている株式の実質価値を誇張しないようにすることが韓国中央銀行に提案されているようです。