サムスンSDS、韓国銀行のブロックチェーンID認証ツールをリリース

サムスンSDSの新しいブロックチェーンプラットフォームは、韓国の銀行が顧客のIDを確認するのを容易にします。





サムスンSDSは、韓国の金融機関がID検証プロセスを容易にするのに役立つブロックチェーンベースのシステムの開発を完了したと、ITサービス会社が月曜日のプレスリリースで述べています。

韓国の巨大企業サムスン電子と韓国連邦銀行連合(ITU)との共同作業により、BankSignツールは、モバイルおよびオンラインバンキングにおけるトランザクションを合理化するように設計されています。

これを実現するために、プラットフォームは、ユーザーが異なる銀行のアプリでお金を転送する一方、そのうちの1つだけで認証されます。

この証明書は、パスワード、指紋、パターンによって顧客の身元を確認し、不正行為を制限します。

これは最大3年間有効で、既存のシステムに必要な、毎年各銀行アプリからの検証を得るためにユーザーに余裕を持って提供します。




この意味で、BankSignは、配分元帳技術(DLT)により銀行が認証情報をリアルタイムで同期させ、通信セグメントを暗号化してセキュリティを強化できるため、1年後にIDを確認する必要はありません。

BankSignが基づいているDLTは、2017年にIT企業によって開発されたプライベートソリューションであるNexledgerと呼ばれています。

サムスンSDSは、金融、製造、物流など、さまざまな業界の場所を見つけたブロックチェーンのアプリケーションが現在銀行部門に参入していることに満足していると語りました。

いつも記事をSNSで共有及び拡散していただき、ありがとうございます!

こちらの記事もオススメです^_^

リップル(XRP)Fiatペアをサポートしているカナダの仮想通貨取引所がヨーロッパへ参入!

2018.08.25

スイスの銀行が仮想通貨に関連する資金運用を開始すると宣言

2018.08.17