ビットコインやイーサリアム決済で絵画を販売する世界初のブロックチェーンオークションが開催!

ブロックチェーン企業のMaecenasによって開催した世界初のブロックチェーン技術によるアートオークションが6月7日発表された。このイベントは、6月20日にFintechを歓迎する英国のギャラリーDadiani Syndicateで行われ、Andy Warholの絵画はブロックチェーン技術を使用して販売されます。

ダディアディ美術館(Dadiani Fine Art Gallery)

仮想通貨を決済手段として受け入れ始めた2017年に、デジタル通貨政策を変更しました。さまざまな市場分野への投資のための高級プラットフォームであるDadiani Syndicateは、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)と連携しています。

レポートによると 、暗号オークションでは、ブロックチェーンベースのプラットフォームMaecenasは、アンディウォーホルが描いた14個の作品を販売する予定で、その推定価格は560万ドルです。買い手は、ARTトークン、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)を使用して画像の所有権を購入することができます。

オークションで落札した後は?

所有者はブロックチェインを介して芸術作品にリンクされている改ざん防止のデジタル証明書を取得します。彼らはまた、これらのデジタル証明書をMaecenasクリプトエクスチェンジの他のトレーダーに販売することもできます。報道発表によると、最終的な価格はイーサリアムブロックチェーンのスマートコントラクトによって確立されるようです。

暗号通貨は、アートオブジェクトを購入するだけでなく、その要素として組み込まれて使用されています。

仮想通貨が様々な用途で使用されることが証明されたこのニュースは現在の落ち込み気味の仮想通貨市場にとってグッドニュースですね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です