的中率97%の人工知能がスゴすぎる件

元みずほ証券マンの仮想通貨投資法とは

カテゴリー

新着エントリー

ビットコインとアルトコインのヨコヨコの動きが嵐の前の静けさを予感させる

嵐の前の静けさ?この1週間のビットコインとアルトコインのわずかな動き

大規模な価格変動によって作られた市場では、過去数日間はいくつかの特性から外れています。Coinmarketcapの時価総額上位仮想通貨のうち、過去24時間以内に+12%の2桁の値動き(緑色または赤色)をしたのはBypox Token(BIX)の1つしか見られませんでした。月曜日の短いスティントを除いて、ビットコインは主に横に動いた7,500ドルから7,700ドルの間にとどまっています。これは底と天井のちょうど2.5%の範囲を表します。日が進むにつれて、BTCの価格は7,600ドル前後で動いているようです。

最近の仮想通貨に関するSECとCFTCの発表やRippleの数百万ドルの研究基金、そしてEOSメインネットの立ち上げはすべて今週行われました。6月の初めは大きなニュースが出ました。しかし、これはビットコインとアルトコインが全体として驚くほどのボラティリティを見せているため、市場の評価は価格変動につながっていません。

またビットコイン以外にも、アルトコイン市場はこの1週間で同様に横ばいの動きを見せています。ビットコインを除いて、アルトコインの時価総額は210〜210億ドルの間にありました。現在では2,100億ドルをわずかに上回っていますが、これは今週の2億1200万ドルをわずかに下回っています。それにもかかわらず、$ 210〜$ 210億の範囲はわずか2.3%の差異に過ぎません。

典型的には、横方向への移動の後には、必然的に爆発的な動きが起こる。世界中の個人や政府の間で仮想通貨に関する肯定的な感情が増えていることは、最近の停滞が大規模な上昇に先行することを示唆しています。しかし、すべての仮想通貨市場のうち約30%の量の減少は驚くべきことであり、先行する道が現在予想されているものよりも不確実性である可能性を示唆しています。

しかし、楽観主義者は取引量の減少が驚くべきことではないことを示唆しています。2017年12月の第1週には取引量が50%減少しました。もちろん、12月初めはビットコインが暴騰して2万ドル近くになった直後のことで、1月にはアルトコインが暴騰しました。SNSやGoogle検索でのユーザーの減少は良い兆候と見ることができます。昨年の6月と12月の仮想通貨のお祭りの季節は、新規参入者の増加を予想した古参勢が先回りして市場に資金を投入していった結果だと思います。こういった活動が鈍っていることは、大金を掴む為に素早く手を携えて乗り降りしようと焦燥した皆、初心者やベテランなども揺れていることを示唆しています。

12月の過去最高値から仮想通貨市場全体の時価総額が50%以上も減っているにもかかわらず、業界の技術は毎日成長し続けています。

今上手く立ち回っている人達はこの革命的な技術の価値と可能性を認識しています。次回は上昇下降方向にかかわらず大規模な変動が起こることがわかりきっていますが現状のホルダーや仮想通貨ファンは、目の前の現状に容易に揺れ動くべきではありません。

ドシっと構えて行きましょう!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です