バイナンスがeスポーツプラットフォームのchiliZに投資し戦略的パートナーに

世界最大級仮想通貨取引所を運営しているBinance は、マルタのeスポーツトークナイゼーションプラットフォームchiliZに投資している、スタートアップは6月5日に発表しました。プラットフォームは、スポーツエンティティがトークナイズし、彼らのファンに投票権を付与することができます。本質的にファンが積極的に自分の好きなチームの意思決定プロセスに参加できるということです。ビデオゲーム業界は、ブロックチェーン統合のための主要な分野の一つです。chiliZとバイナンスはリソースを共有することを発表しました。

1100億ドルの産業

メディア上のブログの記事を介して発表を行う、chiliZ は、ファン、ゲーム愛好家や視聴者が自分の好きなチームをフォローすることができるプラットフォームを説明しました。

世界中に22億人以上のゲーマーがいるビデオゲーム業界は、毎年 $1100億以上を生み出しています。この広大な産業は、このようなブロックチェーン統合のために熟しています。またBinance とchiliZのターゲットユーザーは共にミレニアル世代です。戦略的なパートナーシップと言えるでしょう。

chiliZ、アレクサンドルドレフュスCEO は、彼がより速く、スタートアップの動きを助けると主張するパートナーシップについてアツく表明しました。

CHILIZ の BINANCE の重要な投資は私達の現在の私用配置の提供を後押しし、私達がより速く動くのを助ける。彼らのサポートは、私たちのビジョンをグローバルに提供し、ブロックチェーンの生態系での視認性を向上させ、私たちの技術的なビジョンに力を与えるのに役立ちます。またBINANCEと我々はより戦略的なパートナーシップを可能にするリソースをマルタで共有することができることに興奮しています。

Binance CEO のChangpengは、ブロックチェーン技術を採用する創造的な方法として chiliZ を説明しました。大規模なグローバル成長率を持つ業界をターゲットとするスタートアップビルディングツールとサービスで、彼はそれがブロックチェーン技術の主流の採用に拍車をかけることを期待しています。彼はまた、交換が密接にそれを成功させるために25メンバー chiliZ チームと連携することを示す、プロジェクトの Binance の完全なサポートを約束しました。

Binance は最近、交換のインキュベーションアーム、Binance 研究所によって管理されるブロックチェーンプロジェクトに焦点を当てたスタートアップファンドを発表しました。$10億ファンドは、ブロックチェーンのベンチャーだけでなく、ブロックチェーンに焦点を当てたファンドにも直接投資します。ファンドはすでに MobileCoin、オアシス研究所、共和国プラットフォームを含む4つのベンチャー企業に投資しており、そのすべてが「世の中の問題」を解決するためにブロックチェーン技術を使用しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です