仮想通貨に悲観的な意見で規制する国が多い中、バハマでは暗号通貨を利用して問題を解決する

バハマは、国際決済銀行(BIS)他の国や政府が仮想通貨に悲観的な規制をしブロックチェーン技術とデジタル通貨を非難している中、分散帳票技術とデジタル通貨を利用して問題を解決しています。




中央銀行に裏付けられた仮想通貨

バハマ島は700島のうち30居住島のみを有する4億人未満の小さな島国であり、中央銀行による仮想通貨を開発することによってその課題を克服しようとしています。

バハマのブロックチェーンと仮想通貨の会議で、財務大臣を兼務する副首相K. Peter Turnquest氏が この動きについて発表しました。

大臣は、多くの銀行化されていないバハマの家族の財政的ニーズに対応するために、国家のブロックチェーンを利用した仮想通貨を作成することがますます不可欠になっていると指摘しました。

「近代的な完全デジタル決済サービスの生産は、このガバナンスの時代の道である。多くの商業銀行がダウンサイジングして地域社会から脱却し、銀行業務をせずに残しているため、デジタルなバハマの通貨が重要になります。」

ほとんどの島嶼国と同じように、バハマは輸送に悩まされています。大臣は、バハマの経済がデジタル化されたシステムに成功すると確信しています。

誰もが、特に高齢者にとっては人生がはるかに楽になると考えています。

「交通機関が多くの人、特に高齢者にとって不便な島国であり、コストがかかるため、デジタル的かつ安全に金融サービスを提供しなければならない」

と述べました。

デジタル化は企業を引き付ける





Turnquest氏は、大衆の銀行負担を軽減することに加えて、地域の店舗をシームレスに開くことを企業が容易にするようにも考えているようです。

提案された仮想通貨は、中央銀行の支援を受けているため、ビットコインやアルトコインなどの公的資金の揮発性を示さずに、利便性とセキュリティをデジタル通貨で実現します。

ブロックチェーン技術は、世界経済において様々な産業に革命を起こす価値があることが証明されています。

同氏は、急成長する技術を業務に統合し、証明書の検証を処理し、長期的には腐敗を排除することを政府が求めていると指摘しました。

「最近では、多くの国が国の暗号化通貨を開始する計画を明らかにしている。しかし、批判されているにもかかわらず、ベネズエラだけがそれを成し遂げた。」

Blockchain技術と仮想通貨は、間違いなくバハマを暗号関連ビジネスやその他の新興企業の温床に変えます。

しかし、国民がDLTの夢を実現するために全力を尽くしているかどうかはまだ分かっていません。