仮想通貨エイダ(ADA)、カルダノのCEOが語る最新のプロジェクトとは?

仮想通貨エイダ(ADA)の生みの親でカルダノのCEOであるチャールズ・ホスキンソン氏がTwitterにアップロードした最近のビデオでは、彼はカルダノのパイプラインの最新プロジェクトについて語りました。





ホスキンソン氏はプロメテウス、カルダノのスマートコントラクト、プルタスとサイドチェーンについて触れました。

プロメテウス(Prometheus)

チャールズ・ホスキンソン氏は、ポータブルコードに関してはユーザーから大きな関心を寄せていると語りました。

プロメテウスは、ブラウザベースのウォレット、ソフトウェアウォレット、コマンドラインウォレットなどの複数のウォレットに電力を供給するためのバックエンドツールボックスになる予定です。

これらは、今後の開発ラインの最初のリリースであると言われています。

ホスキンソン氏によると、ハスケルはポータブルでユーザーフレンドリーなコードを作るのに最高のコンピュータ言語ではなく、むしろRustのような言語の使用を推奨しています。

ホスキンソン氏は、カルダノはプラットフォームのプロパティがモバイルウォレット、ライトウォレット、組み込み機器の開発に持ち越されることを確実にするチームを設立していると付け加えました。

これが起こることを確認するための集合的なコードは、「プロメテウス」と名付けられました。

仮想通貨プロジェクトのカルダノCEOはまた、同プロジェクトが同社内で約3ヶ月間続いており、リリースは9月に予定されていることを明らかにしました。

プルースス(Plutus)





ホスキンソン氏は、Plutusプロジェクトチームは、プラットフォームをより大きくより良くするために複雑なコンピュータ言語を使用するよう積極的に取り組んで着実に成長していると、フォロワーに伝えました。

Plutusシステムの主な目的は、データを複数のプラットフォーム間で確実に切り替えることです。

ホスキンソン氏は、カルダノ氏はIELEとKEVMが現時点でサポートされている独自のERC20スタイルを持っていると語りました。

スマートコントラクト

IOHKのプロジェクトがより合理化されるように、カルダノは2つのスマートコントラクトのテストネットの立ち上げを監督する新しいプロジェクトマネージャーを雇いました、とHoskinsonは言います。

彼は、カルダノがその大きなライブラリと体系的利点のために表面言語であるSolidityを使用していることを明らかにしました。

ビデオはまた、SolidityがIELEとテストネットであるKEVMの両方をテストするために使用されることを示しています。

サイドチェーン





仮想通貨エイダ(ADA)の生みの親のホスキンソン氏は、このワークストリームには大きな進歩があったにもかかわらず、この概念にはまだ「原理対実用主義」論争が含まれていると述べています。

一方で、パブリッシャーは、コードを複数回テストすることを望んでいますが、パブリッシャーは最初に実装されるとすぐにコードを公開したいと考えています。

ホスキンソン氏は、一部の中央チェーンを許可された元帳としてプラットフォームに接続することによって、サイドチェーンを実証できることを望んでいます。

ホスキンソン氏によると、仮想通貨プロジェクトのカルダノは現在、市場で最も使いやすいプラットフォームであることを実証したいと考えています。

こちらの記事もオススメです^_^

仮想通貨ADA(エイダ)のカルダノが開発途上国のための道をつくるブロックチェーンシンフォニーを発表

2018.07.16

ADA、カルダノ、ウロボロスについてGoogleから招待されたホスキンソン氏が語る仮想通貨やエイダの未来とは?

2018.07.01