ADA、カルダノ、ウロボロスについてGoogleから招待されたホスキンソン氏が語る仮想通貨やエイダの未来とは?

Cardano Foundationは6月28日、IOHKの仮想通貨エイダコイン(ADA)の生みの親のCharles Hoskinson氏がGoogleの招待を受けてカルダノ(Cardano)や他の仮想通貨の将来について議論し、それらを通じた技術の進歩について議論しました。



Google社員にカルダノ(ADA)について説明

ホスキンソン氏はカルダノ(ADA)とIOHKの基本レイヤーをGoogle社員に紹介し始めました。

彼はウロボロスと呼ばれるカルダノ(ADA)のコンセンサスアルゴリズムに入り、より多くの人々に参加してネットワークを助長するインセンティブ証拠(PoS)基準を説明しました。

IOHKのリーダーはまた、注目されているいくつかのマイルストーン開発について話しました。

そのうちの1つは7月に行われる予定です。

テストネットワークは、IELE仮想マシンでスマートコントラクトを使用して実験やデモを行うために、開発者向けに立ち上げられる可能性があります。

ネットワークの完全な地方分権化は、今年末には遅くとも予定されています。

IELE仮想マシンは、スマートコントラクトの高度な作業を支援する計算ツールです。

スマートコントラクトを検証することを第一の目的とする優れた数学的基準を有することが知られています。

ミーティング中の質問は、特に開発者がカルダノにどのように貢献できるかに関するものでした。

チームはまた、Kフレームワークと仮想通貨に裏打ちされたプライバシー問題についての詳細な議論も行っていました。


ウロボロスとPOSについて

Googleのメンバーが、ウロボロスとPoSに関する最初の質問をし、提供されているトークンで、人々がプロトコルに加わり、カルダノ(Cardano)のネットワークを支援するのに十分であるかどうか尋ねました。ホスキンソン氏は、予備的な金融政策によれば、最大で450億のトークンを含む約260億のトークンが流通していると説明しました。

これはインフレ面での柔軟性を提供します。ホスキンソン氏は、取引手数料は取引の有効性を補助するのに役立つと付け加えました。

チャールズ ホスキンソン氏によると、

ステークの証拠、特にウロボロスは、採掘と比較して非常に費用効果が高いということです。これにより、運用コストが削減されます。唯一の課題は、料金、インセンティブ、ステーク・プール、および委任の一括管理を含む望ましい結果を実際に実行できるシステムを設計することです。